草場亮太(くさばりょうた・九州大)ドラフト評価と進路や獲得球団は

2017年プロ野球ドラフト上位指名候補の草場亮太投手(九州大)は、プロの評価も高く12球団の1位指名の中に入ってくるのではと言われている逸材だ。

その草場の特徴は、ワインドアップからの小さなテイクバックと、そのゆったりとしたフォームから投げられる球はタイミングが取りづらく最速152キロの速球は角度と球威も十分。

また、得意のスライダーの精度も高くプロに入りフォークなどの落ちる球の精度をさらに上げていき下半身を鍛えていけばプロでも10勝を狙える投手になってくるのではないだろうか。

現在のプロの評価は解りやすく言えば全てが10点満点中でいえば8~8.5と平均点以上だがこれといえる1つのものが無いという感じだろうか。総合力は高いが逆に言えば全ての精度をさらに上げる必要があるとも言える。

しかし今秋ドラフトでは社会人トップクラスであることは間違いなく、草場投手は自分をエースと呼ばれる自信が無かったと語っていたが、プロに入れば将来のエース候補である逸材という点においては間違いなく高い可能性を秘めている投手だろう。

スポンサーリンク

2017ドラフト会議・草場投手を巨人や日本ハムが獲得を狙う?

この草場投手については、巨人や日本ハムが高く評価しており今秋のドラフトの上位候補にリストアップしており、特に日本ハムは展開にもよるだろうが外れ1位や2位指名もあるのではないかと予想される。

また、草場投手は学生最後の秋の大会に向け今後さらに精度を上げてくると思うが、もしも”そこ”で衝撃を与える投球をすることが出来れば一気にドラフト1位候補になるだろう。

ドラフト指名候補・草場亮太投手の経歴とプロフィール

九州産業大(4年)/右投右打 183cm 75キロ MAX152キロ 持ち球の変化球はスライダー・フォーク・スライダー。投球フォームはワインドアップからの小さなテークバックでタイミングが取りづらくスライダーやフォークが武器。

ストレート・変化球・コントロールの全ての総合力でいえば完成度が高く及第点以上のまとまっている投手だといえ、プロに入っても即戦力でゲームを作ることは出来るのではないだろうか。

大学の通算成績は(17年春まで)17試合 8勝3敗 防御率2.55

プロの評価はゲームを作る投手としての能力に長けており、プロに入ればもっと球威も出てくると思う、今後が楽しみな素材だと評価が高く、癖のない投球フォームもテークバックが小さくタイミングが取りづらく”パッ”と球が出てくるから打者は打ちにくいだろうと評価されている。

ただ直近の試合でいえば、5月の試合で7回10奪三振でスカウトをうならせたかと思えば、6月の試合では勝ちはしたものの4失点と打ち込まれ失点が多いのが気にかかるが、これも今後のゲームを考え力を抜いた投球だとすれば面白い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする