横浜DeNAの久保康友が退団!ベイスターズの功労者・他球団が興味か

横浜DeNAベイスターズの久保康友(37)が、今季限りで退団することが分かった。今季の久保投手は7試合に登板し4勝2敗、防御率5.35の成績を残していた。

横浜DeNAベイスターズは球団の方針で若返りも計っており、来年38才になる久保投手の出場機会数も減り、久保は来季の出場機会を求め球団と久保の双方が話し合った結果、退団し他球団への移籍を探るという道を選んだようだ。

久保康友 通算成績:97勝86敗 防御率3.70

当時の監督だった中畑氏に、DeNAの初の二ケタ投手になってくれと口説かれ阪神タイガースからDeNAベイスターズへFA移籍した久保康友投手は、横浜DeNAに移籍した初年は12勝6敗の成績を残し、横浜に在籍した4年間で29勝23敗の成績を残した功労者。

残り3勝で100勝。

スポンサーリンク

ベイスターズの久保康友が退団

昨日まで激しいCS争いを繰り広げ、今季のセリーグ3位のCS出場を決め、新人の浜口が10勝目をもぎ取り、球団史上新人では20年ぶりの10勝投手の誕生に沸き、ドラフト5位ルーキーの細川成也外野手(19)が昨日に続いてのホームランを放つなど、CSに向けてムードが高まっていたが突然の久保康友投手の退団でファンも動揺しているのではないだろうか。

また、久保康友投手の現在は2軍の練習に参加しており痛いところもないしまだやれると明言し練習をしながら他球団のオファーを待つとコメントした。

久保康友(年俸1億円)

細川成也2軍成績・プロフィール

ドラフト5位ルーキー、細川成也外野手(19)179cm 86kg

どえらい怪物が出てきた。昨日に1軍に昇格した細川成也は、初打席にプロ初打席本塁打を放つと、本日も2試合連続のホームランを放った。

本日の本塁打は差し込まれたように見えたが、逆風に関わらずスタンド冗談までつまりながらも運んだパワーは規格外だ。

まだ2試合の出場だが、初打席本塁打に2試合連続ホームランは来年が楽しみな選手だが、昨年のドラフトでは、もと中日ドラゴンズや楽天でプレーした山崎氏の目に止まっていた選手で今年の活躍も予言されていた選手だった。

その山崎の目には日本ハムの中田翔選手にそっくり、振る力がある、ライトにも大きな当たりを打てるのでこれから楽しみな選手と言わしめていたのである。

まさに、本日の試合のホームランはそれだった。

2軍成績:打率201 10本塁打 33打点

1軍成績:2試合 5打数2安打 打率400 2本塁打 4打点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする