【夏の甲子園2017】優勝予想!本命候補は大阪桐蔭と横浜か?

第99回全国高校野球選手権(夏の甲子園)の組み合わせが決定した。

優勝候補筆頭は、大阪桐蔭横浜秀岳館が並ぶ。

そこで夏の甲子園の優勝校を予想したいと思います。

また、今年の甲子園は4日目に強豪校が集まり波乱の展開も予想される中、いったいどの高校が49校の頂点に上り詰めるのだろうか。

スポンサーリンク

2017夏の甲子園の組み合わせと日程が決まる!

今年の夏の甲子園大会では、4日目に強豪校が集まる死のブロックとなってしまいここで横浜秀岳館のどちらかの優勝候補が1回戦で消えてしまうという波乱が起きる。

2017夏の甲子園!優勝候補が激突する大会4日目に注目

8月10日(木)大会4日目

1試合目:広陵(広島)× 中京大中京(愛知)

2試合目:横浜(神奈川)× 秀岳館(熊本)

3試合目:興南 (沖縄)× 智弁和歌山(和歌山)

4試合目:大阪桐蔭(大阪)× 米子松蔭 (鳥取)

史上2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭広陵のドラフト上位候補の大型捕手である中村奨成選手にも注目。

予選で5本塁打した今秋ドラフト1位候補の増田君率いる横浜、高校生No1投手の噂が高い川端健斗君率いる秀岳館

3試合目の奪三振率13.70を誇る興南のエース1年生左腕の宮城大弥投手vs協力打者が並ぶ智弁和歌山戦も面白い。

第99回全国高校野球選手権・日程

8月7日(月)~8月11日(金) →1回戦

8月11日(金)3試合目~8月15日(火) →2回戦

8月16日(水)~8月17日(木) →3回戦

8月18日(金) →準々決勝

8月19日(土) →休養日

8月20日(日) →準決勝

8月21日(月) →決勝 閉会式

2017夏の甲子園!大会4日目に1番の注目試合

今夏の一番の注目試合と言ってよい8月10日(木)大会4日目2試合目:横浜(神奈川)× 秀岳館(熊本)

本来であれば決勝で対戦してもおかしくない優勝候補同士がぶつかり合うという、そしてどちらかが1回戦で涙を飲むという波乱の1回戦。

通算本塁打33本の増田(横浜)か高校生No1投手の川端健斗(秀岳館)の今秋ドラフト高校生1位指名候補同士の戦いに注目。

夏の甲子園2017優勝校予想

優勝候補1:大阪桐蔭(大阪)

地方大会77得点は参加校で断トツの1位だがピッチャーの失点も目立つ。しかし総合力はNo1か?

優勝候補2:横浜(神奈川)

増田君率いる強力打線と6試合で7失点の投手力の投打のバランスも良い。圧巻の打撃力で優勝か?

優勝候補3:秀岳館(熊本)

川端投手&田浦投手のW左腕が甲子園ではまると面白く、投手力で優勝か?

この3校の中から優勝高が出ると予想するが、大会4日目の2試合目、横浜(神奈川)× 秀岳館(熊本)でどちらか1チームが消えるが勝残ったチームが優勝に近くなるだろう。

優勝予想

優勝候補本命は大阪桐蔭(大阪)× 横浜(神奈川)の一騎打ち?

対抗

秀岳館(熊本)

甲子園に出場する今秋ドラフト上位候補のプロ注目選手は?

横浜高の高校通算33本塁打のスラッガー、ドラフト1位候補の増田珠外野手に注目!また、秀岳館(熊本)の高校性No1投手との呼び声が高い川端健斗投手にも注目だ。

捕手ではドラフト2位~3位辺りでの指名が予想される高校生No1捕手との呼び声が高い広陵中村奨成捕手に注目。

※新しく、ベスト8から決勝戦までの対戦表と予想を解りやすくまとめています!

第99回全国高校野球選手権大会もいよいよ明日で最終戦、決勝戦に出場する2チームが決定した。(追記:22日現在)  速報:花咲徳栄(埼玉...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする