球団別総額年俸コスパランキング2017-2018!巨人は46億円で最下位

球団別総額年俸、コストパフォーマンス最強ランキング2017-2018

今季のプロ野球は大方の予想通り、広島とソフトバンクの独走でセリーグ、パリーグのリーグ戦の全日程が終了しましたが、ソフトバンクホークスは補強に掛けた予算が優勝に直結するという形になり補強の成功、とくに打撃二冠王のデスパイネ選手の補強が大きかったように感じます。

対する広島は、外国人の補強費を入れても約24億円と非常にコストパフォーマンスが良い球団に、育成と補強のバランス対比がまさに黄金比と言っても良いのではないでしょうか。

現戦力で戦いながら足りない部分はピンポイントで外国人助っ人を獲得し、FA補強はしない広島ならではの球団戦略で、低予算ながらも育成力で優勝を勝ち取っていると言えるでしょう。

(年俸は推定です。誤差もご了承ください)

スポンサーリンク

球団別総額年俸コスパ最高球団は

2017年 選手会加入選手 球団別平均年俸 外国人込
順位 球団 平均 合計年俸 推定
1位 SB 7013万円 42億800万円 61億3600万円
2位 巨人 6043万円 33億6653万円 46億2053万円
3位 阪神 4162万円 25億3878万円 32億2678万円
4位 ヤク 3737万円 22億4200万円 30億4800万円
5位 日ハム 3488万円 21億9774万円 28億3774万円
6位 ロッテ 3446万円 21億7107万円 25億6007万円
7位 オリ 3336万円 19億6804万円 25億1254万円
8位 西武 3283万円 20億3557万円 22億7557万円
9位 楽天 3196万円 19億4986万円 22億3486万円
10位 中日 2926万円 18億1390万円 22億290万円
11位 広島 2767万円 16億8806万円 24億0166万円
12位 DeNA 2600万円 15億8622万円 21億9122万円

外国人の年俸は、春時点で計算しています。また、途中加入や途中移籍、外国人選手の推定年俸は端数切り捨ての約で計算していますので、数千万円の誤差がありますのでご了承ください。

巨人は46億円補強失敗で最下位

上記の表を見ると、巨人は46億円の補強費を掛けながら4位で終わり、コストパフォーマンとしては断トツの最下位、補強がまったく優勝に結び付いていなく今季の補強失敗が4位の結果に結びついたといっても良いのではないでしょうか。

FA選手獲得で流出した若手は他球団で活躍しており、逆に獲得した選手は今年にいたってはほぼ全滅と言う、むしろ育成を阻む補強となってしまった大誤算。

コスパ最高球団は西武・楽天・DeNA

ヤクルト阪神今季の補強費は、ほぼ同じながら阪神は2位、ヤクルトは最下位という結果に。32億円の補強費ながら、セリーグ2位に結びつく総年俸の阪神のコスパも悪くはないといえるのではないでしょうか。特に糸井選手の獲得は戦力強化に繋り、今季に限っては補強成功と言えるでしょう。

また、西武楽天はパリーグ6球団、12球団でも下位の総額年俸が約22億円でしたが、パーリーグで2,3位に入る活躍をみせたこの2球団のコストパフォーマンスも群を抜いていましたね。

対するDeNAも12球団中、最下位の総年俸ながらシーズン3位に入りこんだ。

広島は例外で殿堂入りですが、リーグ優勝は出来ませんでしたが22億円前後の補強費でAクラス入りをした西武楽天DeNAのコスパは最強といえる今季シーズンだったのではないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする