2017夏の甲子園・ベスト4決定から決勝戦・優勝する高校を予想

第99回全国高校野球選手権大会もいよいよ佳境を迎えようとしているが、全国3839校の頂点に立つチームは何処なのだろうか?

速報: 花咲徳栄(埼玉)が甲子園初Vの初優勝!

8日8日に大会が開幕し試合も明日で最終日、いよいよ決勝戦に勝ち上がった二校が決定した。

その二校である広陵花咲徳栄のどちらの高校が甲子園優勝を勝ち取り大優勝旗を手にすることが出来るのだろうか。

これまでの試合を振り返ると、優勝候補の大阪桐蔭がまさかの逆転負けで敗退するなど波乱も起きたが、広陵は激戦区を勝ち抜き、東海大菅生盛岡大付花咲徳栄のチームは強力な打線と投手力の高い総合力で下馬評通り勝上がってきたが、東海大菅生盛岡大付の強豪チーム対決は東海大菅生が制しベスト4に勝上がった。

また、ベスト4に勝上がる高校は広陵、 東海大菅生、花咲徳栄、天理の4つのチームが勝上がると予想し、この4校がベスト4に勝上がったが、対戦表から予想すると甲子園を制する高校は広陵、 東海大菅生、花咲徳栄の3チームに絞られると予想したが、本日の対戦で、東海大菅生×花咲徳栄は接戦の末に花咲徳栄東海大菅生を下し決勝戦に勝上がり、決勝の2チームには広陵花咲徳栄に決定した。

この2チームの優勝を予想するのははっきりいって本当に難しい。

どちらの高校も優勝してもおかしくはなく、2度対戦することが出来るのならその日によって試合結果は変わるのではないかというくらい実力は均衡しているのではないだろうか。

※優勝予想は個人的主観ですのでご了承ください。

※8月22日(火)追記

本日の準決勝戦が行われ、 広陵(広島)と 花咲徳栄(埼玉)が決勝戦にコマを進めた。

これで、明日の23日に行われる決勝戦は、 広陵×花咲徳栄の対戦となったがどちらのチームも乱打戦を制し勝上がってきたチームだけに明日の決勝戦もこの二校の乱打戦が予想される。

この2チームを優勝候補に挙げたわけですが、この二校のどちらが優勝するかは本当に難しい予想になると思いますが、案外どちらかのチームの勝利の女神がほほ笑んだチームが、決勝戦とは思えない大勝で優勝したりするのも甲子園。

打ちあいの末の接戦になると予想しますが、花咲徳栄が広陵の中村を押さえることが出来るのかで勝負の行方は変わってきそうだが、明日の試合は中村がまともに勝負してくれるのかがポイントとなり、球史に語られる松井以来の5打席連続敬遠の再来があるのかどうか、中村の第一打席に注目が集まる。

4割打者がずらりと並ぶ打線の得点力は高く、投手力も2番手の抑え清水がいる花咲徳栄の投打共に総合力が高いと感じるが、中村と勝負をしてくれれば広陵にもチャンスが出てくる。

良くも悪くも優勝は中村と勝負してくれるのか、中村が打つのか次第になりそうだ。

スポンサーリンク

2017夏の甲子園、全国3839校の頂点に立ち優勝を勝ち取る高校は

花咲徳栄(埼玉)が埼玉県勢甲子園初Vの初優勝!

また、広陵(広島)は2007年以来の準優勝!!

第14日  花咲徳栄(埼玉)が甲子園初V
8/23(水) 第1試合  広陵(広島 ×   花咲徳栄(埼玉) 
4-14 

第13日  準決勝
8/22(火) 第1試合  天理(奈良) ×  広陵(広島) 
9-12 中村が大会新記録6号本塁打
8/22(火) 第2試合 花咲徳栄(埼玉) × 東海大菅生(西東京)
9-6 延長11回を花咲が制す

甲子園大優勝旗を手にする優勝高校は何処だ・各チーム成績

  高校 チーム成績 5試合
1 花咲徳栄(埼玉) 本塁打2本

得点数47

失点数14 

注目選手ピックアップ
須永 打率471
     野村 打率500 2本
千丸 打率409
   高井 打率400   
プロ注目西川 打率286
小川 打率364

U18清水達也打率500(6打数3安打)

U18清水→防御率1.23 14 2/3 8奪三振

綱脇→防御率1.67 32 1/3 19奪三振

2 広陵

(広島)

 本塁打数7

得点数44

失点数21

注目選手ピックアップ
U18中村奨成
打率696 6HR 打点17

平元→防御率4.50 24回 27奪三振

山本→防御率3.15 20回 19奪三振

※2017夏の甲子園決勝戦決定・広陵(広島)vs花咲徳栄(埼玉)

2017夏の甲子園決勝戦決定!広陵(広島)×花咲徳栄(埼玉)優勝は
第99回全国高校野球選手権大会もいよいよ決勝の2チームが決定した。決勝に勝上がったチームは広陵(広島)と花咲徳栄(埼玉)。 広陵は中村...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする