巨人・小林誠司が今季1号の初ホームラン!高橋監督は首をかしげる

8月30日の広島戦、小林誠司がの4回裏に広島の大瀬良投手から今季初となる初本塁打を放った。その小林誠司はダイヤモンドを周る途中の2塁ベース付近で、笑いをこらえて唇を噛んでいた。

恥ずかしさから笑いたいが笑えないのだろうか・・

と思う位、久しぶりの、今シーズ始まって117試合ぶりの一発が飛び出したのだ。

スポンサーリンク

巨人・小林誠司が広島の大瀬良投手今季初本塁打!

小林誠司にやっと本塁打が飛び出した。その小林を向かえる高橋監督は、小林捕手が打った瞬間は笑顔が見られてが、ベンチ付近で向かいいれると無表情で首をかしげながら不思議そうにハイタッチ・・

普通は笑顔で抱きしめてあげるものなのだが、高橋監督にとってはよほど不思ぎな出来事だったのだろう。

巨人・宮國椋丞投手はタイムリーを打つも4回2/3で降板

また、本日先発した宮國椋丞投手は2回裏にタイムリーヒットを放ち同点に追いつく活躍をみせるも、4回2/3でマウンドを降り今季初勝利はならなかった。

今季の宮國投手の成績は1勝7敗の成績を残している。

ベンチで小林を不思議そうに向かいいれる高橋監督

高橋監督がなんとも言えない表情だったのが印象に残る。小林がベンチ前で高橋監督とハイタッチする瞬間の高橋監督の顔は無表情でまるで怒っているのかのような?不思議そうな顔で首をかしげていたのだが、何が不思議だったのだろうか。

オールスター戦の時も自軍の選手がホームランを打ったのに、そして他の選手や監督は立ち上がって喜んでいたが高橋監督だけがっくりうなだれていた。

そして、試合終了後のインタビューでは、今季1号を打った小林選手を向かえ入れる表情が印象的だったんですけど、小林選手についてどうでしたか?と、聞かれると、今季中に見られて良かったですと冷めた表情だった・・

まるで、オールスター戦のこのシーンの時のような感情のように見えたが、小林もホームランを打ってベースランニングの途中で必死に笑いをこらえていた(笑

自分にホームランが出たことにびっくりしておかしくなったのだろう。

しかし、やっと小林にホームランが出たことはファンや球団にとっても朗報だ。

これも宇佐見効果なら首脳陣はしてやったりだろうが、このまま小林には調子を上げてシーズン終了まで突っ走ってほしい。

ライバル宇佐見に負けまいと小林が活躍し、それに負けまいとまた宇佐見が活躍してくれると巨人の捕手事情は安泰になるだろう。

ん?広陵の中村君はどうなるの?

巨人が中村しょうせい君をドラフト1位で獲得しそうな勢いだけど、もしもそうなったらどうなるのだろうか?うん、今は考えるのは辞めておこう(笑 今は、今シーズンの小林と宇佐見の活躍を祈るばかりだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする