小林誠司・オールスターホームランに高橋監督がっくり

マイナビオールスターゲーム2017の第二戦に出場した小林誠司捕手(28)が関係者全てを驚かせた衝撃の出来ごとをやらかした。いや、やらかしたといっても失敗をやらかしたわけではないのだ。やらかしたのはむしろ喜ばしい大仕事の方、なんと小林誠司捕手がオールスター第二戦目で、自身初となる初打席&初ホームランを打ったのだ。

いやぁ、何と言うべきか、大舞台に強いというか、ここで打つか?何故今打つの?シーズンで打てよ(苦笑 とでもいうべきか・・いや、高橋監督のみならず、日本国民の大半がそう思ったのではないだろうか?しかし、なんともいえないホームランとなり球宴、ナイン、解説していた坂本、そしていつもは無表情の高橋監督まで何故だ?why?と両手を広げ苦笑い、そして小林が打った瞬間は、高橋監督だけがっくし項垂れたのだ。

スポンサーリンク

巨人・高橋監督!小林誠司のホームランに久しぶりの感情爆発

いや、小林のホームランよりめったに喜怒哀楽を表わさない高橋監督がここまで驚きの感情を表現してくれたことが実は驚くべき出来ごとなのかもしれないが(笑 球宴ということで日ハム・西川はロッテ・サントスの走り打ちを真似た打撃を見せるなど緊張感とは無縁を見せる雰囲気の中、リラックスしていたのであろう高橋監督のWHYポーズ、そして小林が打った瞬間にうなだれる高橋監督にラミレス監督がコバヤシサンウチマシタヨと声をかける姿は、高橋監督のほのぼのした姿を久しぶりに見ることが出来た瞬間だった。

高橋さん、シーズン中もそうしていいんだよ(笑 むしろそれくらいがいいんだよ(笑

しかし、真面目なんだろうな、シーズン中は・・

また、オリックス・金子投手が投げた内角低めに沈む難しいボールを脇をたたんですくいあげフルスイングすると、そのまま打った瞬間にホームランと解る完璧な当たりだった打球を飛ばした小林はにかみながらガッツポーズした。

また、この日のゲスト選手として解説者に座った巨人・坂本選手はシーズン中に打って欲しいですね(笑 高橋監督も僕と同じことを思っていると思います(笑 と笑顔が止まらなかった。

そして、さらに巨人の同僚でもある菅野まで小林のホームランについて、その件についてはノーコメントで・・と苦笑いするしかなかったほどやらかしてしまった小林誠司(笑

また、打った本人も”ちょっと信じられないですね”と驚きの表情だった。WBCに続いて大舞台で仕事を成し遂げた小林誠司だが、次のホームランはクライマックスシリーズまでおあずけになることだけはないように願いたい・・

※小林誠司が広島戦で今季1号ホームランはこちらへ

8月30日の広島戦、小林誠司がの4回裏に広島の大瀬良投手から今季初となる初本塁打を放った。その小林誠司はダイヤモンドを周る途中の2塁ベース付...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする