清宮がプロ入りを決断し志望届提出へ!あるぞ12球団1位指名

U-18野球ワールドカップも日本の世界3位で終わり、いよいよ清宮幸太郎(早実)の進路について、周辺が騒がしくなってきた。

その清宮幸太郎内野手は、カナダでは海外のメディアから清宮選手の進路についてインタビューを受けるなど、世界も清宮の動向に注目しているのである。

そのインタビューではまだ進路は決まっていないと答えていたようだが、本心は違ったようだ。

どうも、日本の取材では関係者からの話を総合すると、清宮はプロ入りの意思を固め、カナダから帰国後に家族と話し合い、進路を表明するということなのだが、清宮はU-18野球ワールドカップで世界の野球と選手に触れ、海外の選手は球も早いし体も大きい、こういう雰囲気が好きだと、将来のメジャー入りを語ったのである。

また、9月21日、清宮がプロ入りの意思を固めたとの情報が流れてきた。近日中に記者会見が開かれる見込みで、早ければ22日にも記者会見が開かれるとの噂だ。

スポンサーリンク

清宮幸太郎の進路はプロ経由でメジャー?家族は進学希望で悩み抜くドラフト

とある記事で清宮君の進路についてのコメントで、気になる言葉があった。

両親が早稲田と慶応なので。やっぱり大学の良さは知っているじゃないですか。まあ、色々な話が・・

とのコメントなのだが、このコメントから推測すると両親は大学の良さを知っているから大学への進学を希望している。

さらに、野球関係者の情報では清宮はメジャー希望、または清宮はプロ希望、という情報がメディアを流れていることから、清宮はプロへ入りたいという気持ちだが、両親は大学に行かせたい。

という、あくまでも憶測だが、この仮説が予想できる。

あくまでも、まだ未定だが現在の段階では清宮君はプロ入りへ!という情報が流れておりプロ入りが濃厚だが、9月下旬にも進路表明が行われるとみられる。

しかし、これから行われる家族間の話し合い次第では、家族の大学への気持ちが強く清宮を説得することも予想でき、(家族もプロ入りを後押しする可能性もあるが)一転して清宮は進学へ、ということもありえるかもしれない。

しかし、仮に清宮君がプロ入りと仮定すると・・

清宮幸太郎はプロ経由で5,6年後にメジャーか?

清宮君のメジャー志向は高く、日本の球界入りをせずにメジャー入りの噂も囁かれていたが、現段階での情報を総合するとプロ入りが濃厚で、メジャー思考が高い清宮君は、将来のメジャー入りを条件にプロ入りへ、という流れが推測される。

そこでモデルケースとなるのが、日本ハムの大谷翔平だ。

少し違う部分は、大谷選手の場合はプロ入りを否定していたが、日本ハムへ入団したという事。一部では密約説もささやかれ話題になっていたが、その話はさておき、大谷選手は、日本ハムから大谷選手のメジャー計画というマニュアルを日本ハムが作り、大谷選手のメジャー入りに向けての事細かなマニュアルを作り持参して、メジャー思考だった大谷選手をプロ入りへと口説いたという。

また、いきなり大学やメジャーのマイナーに行き練習する環境よりも、日本で体を作りメジャーへの土台を築いたほうが、成功するという声は多く、清宮君もメジャー思考なことから日本で土台を築き、メジャー入りへという流れになるのではないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする