川端健斗2017ドラフト指名候補!九州のモンスター高校No1左腕

U-18野球日本代表に選ばれた、九州は熊本県の川端健斗投手(秀岳館高)は、今秋の2017年ドラフトの上位候補。3位辺りの指名が濃厚となりそうだが、4位で獲得できるかは微妙なラインであり、熊本大会を順当に勝ち上がっている川端健斗(秀岳館高)の結果次第では2位じゃないと獲得出来ないラインまで上がることも予想されるが、現在でも3位指名も厳しいかという予想で、どうしても獲得したい球団の2位指名もあるかもしれない。

また、今年の熊本はドラフト候補が多く決勝を勝ち抜き甲子園に行くことが出来るかも厳しいラインだが、もしも今夏の甲子園に出場すれば一気に全国区となり飛躍するかもしれない。

スポンサーリンク

2017年ドラフト上位指名候補・川端健斗を狙う球団は?

ヤクルトや巨人、オリックスなどがマークしているようだが、九州出身者を獲得するソフトバンクの情報は余りないのが気にかかるが、ヤクルト・巨人・オリックスなどの球団は出来れば4位で取りたいという所が本音ではないだろうか。

しかし、3位では取れないと予想し、この3球団の中から各球団の指名順次第で3位に余っていて指名順が早い球団からの早いもの勝ちという状況になってくるかもしれない。

もしも甲子園で活躍すれば繰り上げで2位を指名狙うかもしれないが、特に左腕不足の球団は2位に踏み切るかもしれないが、他球団との兼ね合いで3位指名に落ち着くだろうか。

あくまでも現段階の評価なので夏には全選手の評価は一遍するだろうが、左腕不足のソフトバンクも同じ九州なだけに今後、参戦してくるかもしれないと予想する。

2017年ドラフト上位指名候補・川端健斗プロフィール

秀岳館高等学校の川端健斗左腕は174cm70キロとプロ選手と比べると小柄だが最速148キロの世代最強左腕の呼び声が高い。

また、175cm以上の角度のある投球にキレのあるストレート、変化球はカーブやスライダーなどを投げるがさらに精度が上がれば間違いなくドラフト1位レベルに達するという感じだろうか。

しかし、今秋の高校生左腕の中ではTOPクラスであり将来性は◎、3位以内で消える逸材ではないだろうか。

これまでの甲子園通算成績:16年春~17年春

9試合 投球回数36 奪三振48 四死球22 防御率1.25

川端健斗(秀岳館高)のプロ評価は

ヤクルト
投球に角度があるのは左投手に大事な要素、真上からのオーバースローで140キロ後半をコンスタントに出すのには目を引いた、楽しみな選手。

巨人
左腕なら、川端健斗(秀岳館高)に将来性を感じた。

オリックス
高校生ではTOPクラス、真っすぐの角度が特徴で、同じ軌道からスライダーを投げることが出来、投げ方がいい、体力が付いたら楽しみな選手。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする