巨人・片岡治大の復帰は?現在の心境告白!3軍でリハビリ片岡の今

当時巨人の監督であった原氏から背番号8を手渡され華々しく巨人軍へFA移籍となった巨人のエイトマンが帰ってこない。

いつも見慣れていたセカンドにはもうヤスはいない。

そして何パンかは知らないけど、どこかのパンとの合コンが噂されたりとスーパースターだった片岡選手の今は下半身のコンディショニング不足は大丈夫なのだろうか?

読売巨人軍の片岡治大選手が今季は1度も1軍に上がることなくもがき苦しんでいる。かつては4年連続盗塁王の韋駄天、ついたあだ名はスピードスター、その輝かしい実績から西武からのフリーエジェントの際には楽天やオリックスサイドからは巨人以上の年俸も提示されていたという噂もあったが、09年のWBC監督だった原氏は選手として出場していた片岡選手のスピードに一目ぼれ、そして気さくにヤスと親しみを込めて呼んでくれた原監督に好印象を抱き片岡選手は巨人へ移籍したのだがそれから早4年の計8年が経過してしまった。

はやいなぁ、あれから8年。

そして当時オレの嫁はヤスファンで西武ドームに頻繁に足を運んでいた西武ファンだったが、そのヤスが巨人に来て晴れて2人とも巨人ファンとなったわけだがあれから4年も経過してしまった。

気が付けばヤスもおっさんになりオレもおっさんになり嫁はおばはんになってしまった(笑

ヤスは巨人入団当初こそ数年は存在感を示していたが近年は怪我の影響で故障の繰り返しだったがその片岡選手は34才になってしまった。

いや、34才という年齢はまだだま老け込む年齢ではなくもう3,4年はプロでやっていける年齢ではあるが下半身の度重なる故障をだましだましでプレーするのもそろそろ厳しくなってきた年齢にも差し掛かってきたのでもあるが、その片岡選手が今の心境を語っていた。

スポンサーリンク

巨人・3軍でリハビリ中の片岡治大が現在の心境告白

今季の片岡選手は開幕に合わせ2軍で調整していたがなかなか調子が上がらず4月末に下半身の負傷により3軍でリハビリを続けていたわけだが、7月に実戦復帰しいよいよ2軍で調整後に1軍かと思われていた矢先に再び故障再発。

再びリハビリ生活に逆戻りしてしまったのだが、西武からの度重なる故障とこれまでの無理がたたり怪我との一進一退の生活が待っていた。

痛みはあるがプレーは出来る、しかし痛みを抱えながらプレーするのは辞めようとトレーナーと話したと語っているが思い切りプレーできない現状に過去の代償が大きくのしかかる。

現在は下半身に負担がかからない軽めの調整を行っているみたいだがまだかかりそう、だと語っており今は患部も動かそうと思えば動かせる状態だけど我慢が必要と復帰までにはまだしばらくかかりそうだが、やっぱりまだ走りたいからね、と語っているヤスの目は復活に向け前を向いていた。

今やセカンドにはマギーがいて、山本がいて吉川尚輝がいて辻もいるけど、やっぱりもう一度セカンドヤスも見てみたい・・

記者B
片岡選手の下半身のコンディショニング不足がなかなか治らないですね
89オンライン編集長
わしも下半身のコンディショニング不調でのぉ
89オンライン編集長
今夜わしの下半身が良くなるかバット振ってみたいから付き合ってくれんかね?
記者B
・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする