笠松悠哉(立教大学)2017ドラフト指名候補!プロ注目の三塁手

今秋のドラフト上位候補である笠松悠哉選手は強肩強打のスラッガー三塁手としてプロからの評価が高い選手だ。

その笠松選手は大阪出身で阪神ファンとの噂もあるが、大阪桐蔭高時代は1学年上の阪神タイガース藤浪投手や西武森捕手(同学年)と共に甲子園で優勝を経験したという大舞台で活躍した選手でもある。

また、阪神タイガースは地元のスター候補生として、2016年にドラフトでは大山選手を獲得したが、縁があればサード鳥谷選手との世代交代を計るために、この笠松悠哉選手の獲得を狙っているのではないだろうか。

ただ、今年の阪神のドラフトは近年では1位指名に野手が続いたことから投手中心のドラフトと位置付ければ、大山選手を獲得したことからこの笠松悠哉選手の優先順位は下がるかもしれない。

現在ではあるが広島や巨人がサード候補としての獲得を狙うのではないかと予想する。

スポンサーリンク

笠松悠哉(立教大学)・2017年ドラフト上位指名候補

サードの世代交代を進めたい巨人や広島などは、即戦力としてではなく数年先を見越しての、この笠松悠哉選手の上位指名も予想出来るが、その巨人スカウトは直近のコメントではあるが甘い球を逃さず打つ勝負強い打撃力を高く評価している。

また、広島は体が強い、瞬発力はもっとあるはずと評価しており地元選手であり補強ポイントのサードでもある笠松悠哉選手は阪神も狙うと予想され、2,3位辺りでの獲得を狙う争いが予想される。

また、日本ハムは笠松選手をパンチ力がありどこも欲しい選手と評価している。

2017年ドラフト上位指名候補・笠松悠哉プロフィール

笠松悠哉(かさまつ・ゆうや)三塁手 181cm,85kg 右投右打 遠投100m 50m6,6秒

立教大学通算成績:52試合に出場、2割5分6厘 7本塁打 40打点

大阪桐蔭高・甲子園通算成績:15試合出場、3割2分1厘 3本塁打 16打点

高校通算本塁打は19本、強く振りきる鋭いスイングから繰り出されるフルスイングと思い切りの良さ、つぼにはまった時の長打力が持ち味の強肩強打のスラッガーで、守備職はまずまずの大型内野手(サード)。

また、一発で仕留める勝負強さの確実性がさらに増すとプロに入り成功すれば3割15~20発の打者になるのではないだろうか。

また、守備やバッティングに関しては波があるように感じるが、17年の5月7日に行われた東京六大学野球の対東大戦ではグランドスラムを含む2打席連発のホームランを打っており評価が高まった。

※総評

素質型で、プロ入りし今後の育成次第では大化けする可能性を秘めているバッターではないだろうか。ドラフトでは2~4位辺りでの攻防戦になると予想する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする