【ヤクルト】カルロス・リベロ内野手マイナー通算105発の大砲獲得

川端や中村らの主力を怪我で欠き、チーム打率241と現在セリーグ最下位に沈んでいるヤクルトスワローズが、今季のAクラス入りへの巻き返しの為に打線に厚みを増すべく新外国人内野手(3B)の獲得に動いた。

スポンサーリンク

ヤクルトスワローズが獲得を狙っている、カルロス・リベロ内野手とは

大リーグ、ダイヤモンドバックス傘下の3Aに所属しているベネズエラ出身のカルロス・リベロ内野手(29)は、14年にレッドソックスにてメジャーデビューし、三塁守備に定評があるマイナー通算105発の右の強打者。守備は上手くメジャークラスで強肩。一発もあり、昨年のマイナー成績は打率277HR19打点72。サードの守備でもゴールデングラブ賞を受賞した強肩強打の中距離砲だ。守備はメジャーでも平均以上だが、パワーに関しては日本のトップクラスのピッチャーとの対戦ではホームランはそこまで求められないのではないのだろうかと疑問だが、ただし、日本で開花すればシーズン15~20発は狙えるポテンシャルは有りそうだ。

また、今季のマイナーでの成績は打率296HR8打点38だったが自由契約となり、そこへヤクルトスワローズが目を付け獲得に動いた。カルロス・リベロの今季は右にも打てるようになり確実性が増したと判断したのだろうヤクルトスワローズは、カルロス・リベロとの獲得交渉に全力で動いているようで来日は7月以降となる模様だが、カルロス・リベロの加入で打線に厚みが増し、主力が復活してくればAクラスも見えてくる。小川シニアデレクターは、契約の状況は最終段階と語っておりカルロス・リベルの獲得は決定的な状況だろう。

カルロス・リベロ、メジャー成績

ベネズエラ出身、強肩強打の内野手(サード)、身長191cm,体重104,右投げ右打ち。メジャー通算成績は4試合に出場し、打率571HR1打点3出塁率625超打率1.286OPS1.91、昨季マイナー成績は打率277HR19打点72。今季は59試合に出場し打率296HR8打点38。マイナー通算成績は1306試合に出場し、打率264HR105打点647。

メジャー通算(14年):4試合 打率571 HR1 打点3 出塁率625 超打率1.286 OPS1.91

この、14年のメジャーでの4試合の成績だけを見ると日本で化ける可能性と期待を感じさせるカルロス・リベロ選手の15年はメジャーでの出場機会に恵まれなかったが、今季は広角に打てる確実性が増しており日本ではどういう成績を残すのか非常に楽しみな選手だ。

記者B
イケメンですね~!
89オンライン編集長
人間は顔じゃない、金だよ
記者B
・・・
89オンライン編集長
冗談です・・嫌になって辞めないでね・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする