【巨人】カミネロ・背信投球で守護神はく奪か!5敗目の大炎上

巨人の守護神・カミネロ(アルキメデス・カミネロ)投手がまた打たれた。昨日の阪神戦で1点リード時にマウンドに上がるも救援失敗しこれで5敗目、守護神失格の烙印、配置転換の声が挙がってきた。

そのカミネロ投手は常時150キロ~158キロ間の球を投げ、投げる球は速いがコントロールが定まらず(MAX164キロ)、キャッチャーが構えたミットとは逆球になり痛打されるケースが目立つ。いわゆる、ノーコンといっていいほどコントロールが良くない。

抑えたとしてもファーボールやストレートを狙われランナーを塁に出しながらの何とか抑えるという危なかしい投球スタイルで三者凡退というケースはあまりなく、守護神としての安定感に欠けており、守護神としの起用は厳しいという声が挙がってきているが、巨人はカミネロ以外に守護神候補がいないために、適性を度外視してカミネロを今年の守護神として起用してきた巨人だが、とうとう守護神失格の声が挙がってきている。

スポンサーリンク

巨人 カミネロ・相次ぐ救援失敗で守護神はく奪か

現在の巨人は沢村が離脱しており9回を任せられる守護神候補はカミネロとマシソンくらいだろうか。そのマシソンは7,8回を任せているが、カミネロとの配置転換の声が上がっている。

いや、一時期はカミネロを2軍に落とした際にマシソンを押さえとして起用していたのだがそのマシソンも痛打されていたのはご存じだろうか。

カミネロよりも安定感はあるがマシソンも守護神で起用するとコントロールが定まらない。もともとコントロールが良い方ではないマシソンも出来れば守護神としての起用は避けたいが、しかしカミネロよりはまだマシかという程度。

巨人には守護神がいないのだ。

沢村が2軍で1回無失点でいよいよ1軍復活か

そんな中、巨人のもと守護神の沢村投手が昨日、2軍のイースタン戦でランナーを出すものの1回を無失点で抑え、1軍復活が近くなってきているようだ。

その沢村投手の昨年はたびたびの救援失敗で菅野の勝星を3度は消しただろうか。そして今季のオープン戦の初マウンドでは1球目に相手頭部への四球でわずか1球で危険退場してしまった。

その後は肩の不調で1軍から離脱したが、どうもイップスらしいと噂が流れておりメンタル的にやられてしまったか?という憶測が流れているが、遠投も始めており7月の段階での鹿取GMのコメントでは後は沢村本人次第の問題と語っていたことから、やはりイップスの疑いが強い。

しかし、イースタンですでに投げており遠投もこなしていることから肩の影響は無いと考えるのが妥当で、あとは実戦感覚を取り戻せば1軍復活へという流れになるだろが、沢村が1軍へ復活すればどこを任せるのかも気になるところだ。

カミネロ投手のこれまでの成績

8月9日現在:40試合登板 1勝5敗 19セーブ 防御率3.32 投球回数43.1 奪三振44 四死球19

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする