阪神・ロジャース契約交渉破断か!?合意はまだと近況語る

阪神タイガースの新助っ人候補がジェイソン・ロジャースに一本化されたようだが、そして数日前に獲得合意間近の報道がなされて以来音沙汰なしで交渉決裂かと暗雲が立ち込める中、ジェイソン・ロジャース選手についての新展開、新しい情報が入ってきた。

阪神との契約状況について、ジェイソン・ロジャース選手が地元メディアに心境を語ったようで、そのロジャース選手は今後の状況次第では日本でプレーすることになるかもしれないが契約は合意に達していないと述べていた。

また、阪神とは話をしているが、自身のプレーする環境においての全てがクリアされておらず阪神との契約はパイレーツの決断次第だと語っていた。

スポンサーリンク

阪神が新助っ人候補に挙げているロジャースが近況を語る

ロジャースは現在もインディアナポリスで試合に出場し日本時間の29日の成績は5打数4安打HR1と調子を上げてきているようだ。そのロジャースは、パイレーツを離れるかどうか、日本に行くかどうかは全く決まっていないと心境を述べていた。

どうもロジャースの心にはメジャーへの未練が有るようで基本はメジャー昇格で昇格出来なければ阪神へ移籍、というスタンスが垣間見て取れる。また、阪神との契約については、もしも全てのことがクリアされれば来週にも阪神と契約するかもしれないと述べていたが流動的だ。

要するに、ジェイソン・ロジャースが阪神との契約を決めきれない理由はパイレーツ側からの自分がメジャーに昇格できる準備が有るのか無いのかの返事待ちということになり、パイレーツがロジャースを戦力外と見なせば阪神入り、または他球団入りが決定するということだろう。

ただ、マイナーで調子を上げてきているロジャースに対してのパイレーツ側の判断が遅れているということなのだろうか。やや阪神のロジャース獲得交渉が難航しているようにも感じるが、メジャーには良くあることで以前にもDeNAが獲得合意寸前まで行ったがメジャー昇格により破談になった阪神の新助っ人候補にも上がっているマット・マクブライドの例が有るように、ロジャース選手のメジャー昇格が決まれば阪神との契約はなくなり、今のところは五分五分か?という所だろうか。

記者B
ロジャースの心はメジャーにあるみたいですね~
89オンライン編集長
阪神入りを即決出来ないということは相当悩んでいるようじゃのぉ
89オンライン編集長
金銭面で開きがあるのかのぉ
記者B
大リーグで他球団も含めメジャー契約が出来ないと解れば阪神へって感じですね!
89オンライン編集長
早ければ来週にもって感じじゃが、もしかすると時間がかかるかもしれんのぉ
記者E
こういうときはどうしたら良いか知ってる?
記者E
まつの

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする