U18野球日本代表決定・広陵中村や清宮と安田に増田の世代最強が集結

2017年9月に行われるU-18W杯(カナダ・サンダーベイ)に出場する高校生日本代表20名が発表されました。

その20名の中には、高校通算本塁打史上最多単独1位となった清宮幸太郎(3年)内野手や、甲子園では4本塁打を放ち瞬く間に時の人となった広陵の中村奨成(3年)捕手に、高校通算62号の安田尚憲(3年)内野手 、甲子園予選で大田選手の記録に並ぶ1大会5本塁打に、大会新記録となる4戦連発の本塁打を放った横浜の増田珠(3年)外野手のドラフト1位指名候補がズラリと並んだ。

投手では高校生No1左腕の呼び声が高い 川端健斗(3年)も選出されこの大会の結果次第では川端健斗投手も一気にドラ1候補になるだろう。

また、打っては高校通算32発のスラッガー、投げては清宮選手からスライダーで5連続三振を奪い話題を呼んだ二刀流、MAX149キロ左腕、桜井周斗(3年)も選ばれた。

捕手では中村奨成捕手に話題を奪われたが、高校通算50発、強肩強打の福岡大大濠の古賀悠斗(3年)捕手も選ばれ最強捕手コンビが誕生し、この世代最強メンバーが集まった20名で世界一を取りに行く。

※第99回全国高校野球選手権大会に出場した選手は以下の通り。

 徳山壮磨(3年・大阪桐蔭)山下輝(3年・木更津総合) 磯村峻平(3年・中京大中京) 清水達也(3年・花咲徳栄)西巻賢二(3年・仙台育英) 田浦文丸(3年・ 秀岳館) 川端健斗(3年・ 秀岳館)中村奨成(3年・広陵)伊藤康祐(3年・中京大中京) 丸山和郁(3年・前橋育英)増田珠(3年・横浜)藤原恭大(2年・大阪桐蔭) 以上12名

スポンサーリンク

U-18日本代表-侍ジャパン2017メンバー20名一覧

U-18W杯代表・投手8名

投手 氏名 在籍
1 山下輝(3年) 木更津総合
2  清水達也(3年) 花咲徳栄
3  桜井周斗(3年) 日大三
4  磯村峻平(3年) 中京大中京
5  徳山壮磨(3年) 大阪桐蔭
6  三浦銀二(3年)  福岡大大濠
7  川端健斗(3年)  秀岳館
8  田浦文丸(3年)  秀岳館

U-18W杯代表・内野手6名

内野手 氏名 在籍
1 西巻賢二(3年) 仙台育英
2 鯨井祥敬(3年) 東海大市原望洋 
3 安田尚憲(3年)  履正社 
4 井上大成(3年)  日大三 
5 小園海斗(2年)  報徳学園 
6 清宮幸太郎(3年)   早実

U-18W杯代表・外野手4名

外野手 氏名 在籍
1 丸山和郁(3年) 前橋育英
2 藤原恭大(2年)  大阪桐蔭 
3 伊藤康祐(3年)   中京大中京 
4 増田珠(3年)   横浜 

U-18W杯代表・捕手2名

捕手 氏名 在籍
1 中村奨成(3年) 広陵
2 古賀悠斗(3年) 福岡大大濠

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする