U-18野球W杯2017日本の初戦はvsメキシコAbemaTV生中継

U-18野球W杯・2017 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 侍ジャパン悲願の世界一へ

グループB 日本対メキシコ戦 9月1日(金) 22:30 試合開始予定

9月1日(金) 22:30(日本時間/サンダー・ベイ時差-13時間)、オープニングラウンド グループB 日本対メキシコ戦がいよいよ始まります。初戦の第1試合の対戦相手はメキシコですが、2015年の対メキシコ戦の成績は、成田翔4回、高橋 樹也2回、高橋純平1回の3投手の必勝リレーで、12-0の7回コールド勝ち、許した安打は2本の圧勝でした。

2017年のWBSC野球ランキングではメキシコは6位(1位日本)と、順調にいけば今年もコールド勝ちが狙えるのではないかと予想します。

また、U-18野球日本代表の25日の練習試合では清宮(早実)と安田(履正社)に本塁打が飛び出し21安打17得点で圧勝、26日の練習試合でも清宮と安田が二戦連発本塁打に安田は3本目、広陵の中村もチームに合流し2安打と木製バットの適応も見せ、27日の大学生相手の練習試合3日目の最終試合となるこの日は2-5で敗れてしまったが、代表チームの国内合宿最終日で疲労はピーク。順調に仕上がりを見せている。

また、小枝監督は、会見でU-18の守護神に清水(花咲徳栄)を指名、甲子園の活躍をそのままに最速150右腕に期待がかかる。

スポンサーリンク

9月1日(金)日本対メキシコ戦・試合時間とTV放送時間

日本スタメン

1番(右)藤原、2番(中)伊藤、3番(三)安田、4番(一)清宮、5番(捕)中村、6番(左)増田、7番(DH)桜井、8番(二)井上、9番(遊)小園、先発徳山

メキシコスタメン

1(遊)ペレス、2(二)コルドバ、3(中)サンチェス、4(一)ファベラ、5(右)オソリオ、6(DH)マシエル、7(捕)ゴンサレス、8(三)マンザナレス、9(左)メンドーサ、先発ガルデア

9/1(金) 22:30予定:メキシコ対日本

TVライブ放送

・BS朝日:22:30

・AbemaTV(SPORTS):22:20~2:30

・AbemaTV(GOLD):22:30~2:40

・J SPORTS3:22:25~2:30

U-18野球日本代表カナダ・サンダーベイに到着

主将清宮幸太郎を軸とするU-18野球日本代表が29日にカナダ入りし、いよいよ初となる悲願の金メダル、初優勝へ向けて始動する。

本日の29日、日本時間の昼にカナダへ到着した侍ジャパンに予期せぬハプニングが待っていた。荷物が届いていない・・

選手や関係者5名の荷物が届いていないということなのだが、なんとその届いていないものにバットが届いていないという大ハプニング。(時差-13時間)

結局25時55分に到着した最終便の荷物にもバットは無く、明日の朝10時到着予定の荷物にバットが入っていることを祈るばかりだが、これは偶然だったのだろうか・・

9月1日(金)日本対メキシコ戦の試合結果

9/1(金) 22:30開始:試合終了 日本10 × 1メキシコ

2回に大阪桐蔭の2年、藤原の走者一掃の3点タイムリーで先制

4回裏に徳山が2者連続のデットボールで1点を返される。

5回表に清宮の犠牲フライで1点追加。

清宮は現在1安打1打点。

安田は5回にあと少しでHRのセンターフライ。日本でのキャンプ時から木製バットに一番対応しているのは安田、ドラフトの大当たりは安田かもしれない。

6回裏に先頭打者を出すもその後を押さえて徳山が6回1失点の好投中。

7回表に安田のヒットで1点追加。

7回表に井上が3ランホームラン!

8回裏 日本のピッチャー交代

徳山 7回2安打1失点 2奪三振 四死球5

ピッチャー磯村峻平がマウンドへ上がる。

9回表に桜井の内野安打をメキシコがファーストへ悪送球でランナーが帰り1点追加。

9回裏は磯村峻平締めくくり、2回4奪三振無失点の継投で快勝した。

U-18野球:日本対メキシコ戦の詳細はこちらへ

U-18野球W杯・日本代表のアンダー18・2017 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 試合結果 9月1日(金)、グループB...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする