巨人ドラフト1位村上なら2位岩見だった!田中(兵庫BS)も欲しかった

2017年ドラフト会議、巨人が外れ1位で九州学院の村上宗隆を獲得出来ていれば、2位は慶大の岩見雅紀が取れていたかもしれないと語る岡崎スカウト部長。そして田中耀飛(兵庫ブルーサンーダー)も欲しかった、とコメントしていた岡崎スカウト部長。

巨人のもう1パターンのドラフト編

各球団の狙っている選手は、たった一つの歯車の違い、ボタンの掛け違いからあっという間に12球団の指名選手はガラッと変わってしまう。他球団もそうですが、巨人は1位を外してしまった瞬間に、今年のドラフトの為に練っていた欲しい選手の指名順はまったく変わってしまった。

スポンサーリンク

巨人が村上宗隆を獲得出来ていればこうなっていた

東スポを見ていたら驚きの内容が書かれていた。それは、もしも外れで村上が獲れていれば2位には慶大の岩見も獲れていた、と。村上の競合は、安田と同じく3球団位になることは想定済みで、村上は良い打者になる、清宮以上かもしれないと評価していた。

また、鍬原 拓也投手については、巨人は右の投手ではNo1の評価をしていたとのことだ。スポーツ報知にも書かれていましたが、鍬原 拓也投手については高橋監督もチェックし、鍬原の獲得を押していたという。

捕手はもともと2名の獲得予定だったということから、このコメントから憶測すると、1位村上なら、2位岩見、3位大城これが巨人が狙っていた今年のドラフト戦略だったかもしれない。

岩見も田中もどっちも楽天に

岡崎スカウト部長が評価していた、岩見も田中もどっちも楽天にとコメントしていたが、1位と外れ1位を外した時点で2位の指名選手は変わり、岩見は獲得出来なかったことは仕方ないことだ。

しかし、田中がどうしても欲しければ何故、4位で指名しなかったのか?ということになる。

一部の評価ではブルーサンダーズの田中は清宮級、以上との評価もあるほどの各球団が隠し玉として狙っている選手と言う事は想像出来ていたはずだが、巨人のスカウトは楽天が4位で指名するという事を読めていなかった、または巨人の評価は5位指名だったということになるが、後から欲しかったと声を挙げるという事は5位か6位で狙っていたことになる。

逃した魚は大きいというが、4位で田中に行けば今年のドラフトは80点以上という位の成功だったと個人的には感じますが、村上を外した時から運命は決まっていたということだ。

また、偏向ドラフトと言われる点については去年は投手中心で、そこへ捕手が足りていなかった、現段階の偏向しているチーム状況を立て直すためとコメントし、来年からは皆さんが言うバランスが取れたドラフトになるでしょうとコメントしていた。

たらればを言えばきりがありませんが、もしも村上が獲得出来ていたとすれば、1位村上、2位岩見or鈴木(日立)、3位大城、4位田中(兵庫BS)or清水達也or本田海斗5位田中俊太以下今年の指名順通り。

というドラフトで獲得出来ていればどうなっていただろうか・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする