巨人の次期監督はイチロー?阿部が引退で電撃就任?本命は松井秀喜か

読売ジャイアンツの次期監督候補は、高橋監督が誕生してからはめまぐるしく、かつてないほどの候補者が次々と挙げられていた。中畑、江川、原氏に、松井秀喜氏と阿部慎之助選手だ。

昨季、巨人がV逸すれば今季の巨人がもしも2年連続で優勝出来なければ、さらにはBクラスにでもなれば間違いなく監督は変わると噂されていましたが、蓋を開けてみれば監督とヘッドコーチは変わらず目新しい新コーチと言えば吉村氏くらいで、大静粛は行われなかった巨人が逆に不気味な位だった。

今季のジャイアンツは球団史上初の13連敗に10年連続続いていたCS出場記録も途切れ4位のBクラス。

これまでの巨人であれば間違いなく監督が3年契約でも2年目で解任され、少なくともヘッドコーチの退団は確実視するプロの関係者たちのコメントばかりだったが、まさかの音沙汰無し。

憶測するに、そしてあくまでも推測だと仮定すればだれも引き受け手がなかったのかなと憶測できる。

山口俊投手の不祥事に選手会との対立問題、野球に集中できない環境と過去の巨人のスキャンダルの逆風とでも言うべきなのだろうか、いま新しいコーチを引き受けるメリットがあるのだろうかと外部の声がかかった人間とすれば考えるかもしれない。

巨人の新監督の話題に戻りますが、次期監督候補には中畑氏や江川氏、最近では原氏の再登板まで噂されていますが、もしも来季こそ巨人が優勝を逃せば任期のきれる高橋監督の変わりの新監督へ、という流れは今度こそ確実かもしれない。

「松井も“いずれは巨人の監督に”という気持ちはある。もし、彼の背中を押せるとしたら、巨人時代の監督で一緒に国民栄誉賞をもらった長嶋茂雄氏しかいません。長嶋さんが頭を下げたら松井も断れないでしょう」(同)

いや、松井はすぐに無理でも、まさかの「大穴」がいると明かすのはジャイアンツ関係者だ。

「マーリンズのイチロー選手です。2009年の暮れ、彼が自主トレのために川崎のジャイアンツ球場に来たことがあるのですが、選手はもちろん、練習を見に来たファンの盛り上がり様が凄かった。今のところ彼は50歳まで現役を続ける意向を明らかにしていますが、監督含みでもいいから、巨人に欲しいという声は今もフロントに根強いのです。渡辺主筆も人気さえあれば生え抜きかどうかにはこだわらない」

イチローの年俸は約200万ドル(約2億2000万円)。渡辺主筆ならポンと払うに違いない。

引用元:デイリー新潮

スポンサーリンク

巨人次期監督は松井vsイチローvs阿部

松井監督論は数年前から挙がっているが、現実的には松井氏が難色を示しているという噂だ。その松井氏はヤンキースで1A~3Aの選手を育成している。

新人記録の50本塁打を超えた、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(25)も松井が教えた愛弟子の1人だ。そのジャッジ選手に松井は軸足の使い方、意識の割合を教え、ジャッジもそれを教わったことで今年に繋がったと語っていたが、メジャー選手の育成の評価が高い松井は現在はヤンキースでGM特別アドバイザーとして、巡回コーチとしてヤンキースの若手を指導している。

松井氏にかんしては巨人よりもヤンキースでの監督の方が、日本人初のメジャー監督の可能性すら感じますが、長嶋氏から頭を下げられたとしても巨人の監督になるかは疑問、それならすでに巨人の監督になっていたはずだ。

また、イチローにかんしては、渡辺氏は大絶賛、過去に松井よりもイチロー君に監督になって欲しいとイチローを選んだ話は有名だが、その時はやんわりまだプレーしますと御断りをされていたようだが、イチロー選手に限っても、監督をするならオリックスの可能性が高いように感じる。

イチロー選手についてはこちらへ。

イチロー選手が2017年3月に、ロサンゼルスに所有していたコンドミニアムを2億7200万円で売却していた。3月に2億6000万円で売りに出さ...

また、現段階での巨人の次期監督候補は、中畑氏、原氏、斉藤氏などが本命ではないでしょうか。

巨人の人気回復の為と、若手打者の育成の両面を考えると、打ってつけの人材が中畑清氏だと噂されている。

また、日本代表監督から落選し、一時期は横浜DeNAベイスターズの来季監督候補にも挙がっていた原氏も来季は分からない。

現在のコーチは原派で固められており来季の原監督シフトへすんなり入って行ける。しかし、フロント、GMが鹿取氏になり読売ジャイアンツは原政権、東海大から手を引いたとも噂されており原監督を支えるにはフロントとの対立も予想される。

もしも今季の監督交代であれば斉藤氏にすんなり移行出来たかもしれないが、来季はどんな名前が候補に挙がってくるかは分からない。

万を期しての原監督の再登板、それともファンの支持率が高い中畑氏へ。

そして、まさかのウルトラC、阿部選手の引退で電撃の監督就任となるのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする