磯村峻平(中京大中京)ドラフトの評価と進路・獲得球団は?U18W杯で好投

2017年ドラフト会議では指名が予想される獲得候補、プロ注目の、U-18野球日本代表の磯村峻平投手は伸びるストレートと切れるスライダーやフォークを武器とする最速143キロの技巧派左腕。

夏の甲子園、第99回全国高校野球選手権大会の1回戦、優勝候補対決で甲子園の見どころとなった中村捕手率いる対広陵戦では5回までに0失点と圧巻の投球を見せていた。

また、9月に行われる第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップに磯村峻平(中京大中京)投手は高校生日本代表に選ばれている。

スポンサーリンク

2017ドラフト会議・磯村峻平を日本ハム・西武・ソフトバンクが獲得か?

夏の甲子園予選で圧巻の投球を見せプロ注目選手として話題になった磯村峻平(中京大中京)投手は、甲子園本戦の1回戦では広陵(広島)との対戦が決まり死のブロックの優勝候補対決として注目されていた。

また、空の上の祖母である大好きなおばあちゃんを甲子園に連れてきたと話題になりスポーツ紙を賑わせ甲子園で感動を与える投球を見せプロや甲子園ファンからも注目され、夏の甲子園1回戦では負けてしまったが自身の投球は広陵打線を相手に5回0失点と好投し、第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップの高校生日本代表に選ばれた。

9月追記:

U-18野球ワールドカップでは10回を投げ防御率は1.80と力投した磯村峻平投手の評価は上がり、各球団の指名候補リスト入りをしたかもしれない。

また、U-18を視察した日本ハム・巨人・ソフトバンクホークス・西武などの7球団の、磯村の力投が目に留まったのは確かだろう。

磯村峻平(いそむら・しゅんぺい)プロフィール

磯村峻平(いそむら・しゅんぺい)177cm,81kg 左投左打 MAX143キロ 変化球:スライダー・ツーシーム・フォーク

甲子園予選の成績は、14.1回を投げ17奪三振、四死球は2、失点は1と高い奪三振力とコントロール力、そして14回を投げ1失点と完璧な投球を見せていた。

甲子園本戦の成績は、対広陵を相手に5.1回を投げ被安打3、奪三振5、四死球0、防御率は0.00。

2017夏の甲子園準優勝高校の広陵のチーム打率、チーム本塁打は圧巻でその強力打線を相手に5回0封の磯村峻平の投球は快投といっても過言ではなかっただろう。

また、5回まで3安打に抑えていた磯村峻平投手はその5回からは突如球が抜け出したと判断され、エース右腕へと継続し2点リードを守り抜くと考えたが、投手が変わった直後にホームランを打たれ、その後も連打を浴び計3失点と逆転されてしまい、結果6-10で敗れてしまったがその試合を振り返った磯村峻平投手は、見方が点を取るまで点をやらないこと、そしてもう少し自分が投げれればと振り返っていたが甲子園での力投はプロの目に焼き付いただろう。

追記:大学進学へ

※12球団のドラフト指名予想、獲得選手候補はトップページ下部にあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする