石川翔2017ドラフト指名候補!関東のモンスター高校NO1投手

高校NO1投手との呼び声が高い関東のモンスター、2017年ドラフト候補の最速149キロ右腕の青藍泰斗高校3年・石川翔選手が甲子園予選の栃木大会1回戦で好発進した。

この日の最速は146キロ、プロ野球スカウト達が見守る中、8回からのリリーフで登板したが1回1/3を無失点で抑える火消しに成功し1回戦を突破した。

また、この日は2日の練習試合で足を痛めており万全の調子では無かったがこの日の最速はMAX146キロを計測し大器の片りん振りを見せつけた。

スポンサーリンク

2017年ドラフト候補石川翔投手とは

プロのスカウト達からは今秋ドラフトの上位候補と高い評価でこのまま順調に怪我などのアクシデントがない限りはもしも本人がプロ入り志望届を提出すれば指名は濃厚で今夏の成績次第では一気に上位候補に躍り出るポテンシャルの持ち主だろう。

また、直近のスカウト達の評価の声も高く、最近までは調子を落としているかのように見えていたが、素材としては高校生トップクラスでこれからは1,2割増しの実力が期待できる夏になるだろう、そしてスライダーのキレは抜群で身体能力は高くポテンシャルは高く、中には投手としては一番良いというスカウトもいるほどだ。

まだ高校生ということで今夏の成績次第ではあるが、本日の試合では最速146キロを計測しこのまま順調に勝上がり甲子園での投球になれば一気に名前は全国区に広がりそこで一気に試合の中での成長で自己最速150キロ超えも期待される。

今後の伸びしろも大で今夏の成績に関係なくとも素材としても十分、獲得を狙う球団も出てくるのではないだろうか、という逸材だがもしも今秋ドラフトに清宮選手や田嶋投手、安田内野手、鈴木投手のBIG4がいなければドラ1の逸材だったかもしれないが、外れ1位ではあるが2位以内で消えてもおかしくないだろう投手だ。

2017年ドラフト候補石川翔投手プロフィール

179cm82キロ MAX149キロ右腕 スライダー・カーブ・カット・ストレートは150キロ越えの期待は高いが、コントロールが課題と言われているが本人もストレートに自信があるように奪三振能力は高く、投球時以外は外野を守る二刀流だ。

高校1年時には半月板を損傷し手術した。17年春は股関節痛や右肩痛にも悩まされ調子を落としていたが今夏甲子園予選では最速146キロを投げており復調が期待される。

また、フィリピン人の母を持ち、長い手足はバネと柔軟性を感じさせ、しなやかな体は持って生まれた天性のものだろう。

本人はプロ入りを希望しており、このまま怪我もなく夏を終えればドラフトでの指名が楽しみな選手だが、もしも甲子園に出場した場合は、石川選手の甲子園で150キロが出るのかにも注目したい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする