猪田和希(神戸国際大附)2017ドラフト指名候補!神戸のあばれる君

2017ドラフト会議での指名候補と噂され、強肩強打の捕手として注目されている猪田和希捕手は、風貌があばれる君に似ていることから神戸のあばれる君として、スポーツ報知で紹介された期待の高校生。

その猪田和希選手は外野手だった2年の秋からの新チーム結成後からは、遠投110mの肩の強さを買われ小学生以来となる捕手にコンバートされブレイクしていった選手だが、高校2年夏にレギュラーになると4番捕手としてチームを支えてきた生粋の4番、大型スラッガーだ。

その2年夏から4番に座ると秋の神戸地区予選では3試合で2ホームランを放ち、近畿大会の準決勝では逆方向へホームランを打つなど豪快なフルスイングが特徴の長距離砲。

スポンサーリンク

猪田和希(神戸国際大附)・2017年ドラフト指名候補

全国夏の高校野球、甲子園の地方大会では、神戸国際大付4-0明石商戦で、神戸国際大付が勝利で甲子園出場を決めたが、その兵庫大会決勝で猪田和希捕手が右中間に推定飛距離130mの2ランホームランを放ち、その神戸国際大付の青木監督からは長いこと野球をやっていて右バッターが右にホームランを打ったのは初めて見た、教え子で言えば左打者の坂口選手(現ヤクルト)や栗山選手(現西武)しか見たことがないと言わしめた驚異のパワーの持ち主。

その猪田和希捕手について中日のスカウトは、捕手の中で福岡大の古賀、神戸国際大附の猪田和希捕手達を地肩が強く将来性がある選手と評価している。

2017年ドラフト指名候補・猪田和希プロフィール

猪田和希(神戸国際大附) 183cm,80kg 右投右打 捕手 高校通算28本塁打 遠投110m 趣味ボーリング(ベストスコアー・232)

見た目の風貌があばれる君に似ていると言われ今では神戸のあばれる君と言われているが、その猪田和希選手が第99回全国高校野球選手権大会であばれている。

8月11日に行われた神戸国際大付(兵庫)対 北海(南北海道)では、6番谷口嘉紀選手(2年)の大会史上32人目となる2打席連発のホームランを含む7回の逆転3ランホームランで劇的な逆転勝利を収めた神戸国際大付だったが、猪田和希捕手も4打数2安打の活躍で2回戦進出を高演出した。

現在の今秋ドラフトでの評価はもしも猪田和希選手がプロ入りを表明したとすれば3位以下の指名が予想されるが、今後の甲子園の活躍次第では一気に各球団の指名順位は上がってくるのではないだろうか。

また、高校生の中で1番になりたいと高い目標を持つ猪田和希選手の今後の活躍に期待がかかる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする