巨人・来季の補強とトレード予想!オリ伊藤と日本ハムの斎藤佑を狙う?

巨人が今オフの補強でオリックスの伊藤光捕手と、日本ハムの斎藤佑投手を狙う?

巨人の捕手には小林誠司がいるが、WBCでの活躍という世界での過去の栄光は薄れそろそろ現実のセ界での小林の実力が求められてきている。

捕手の第一条件は肩とノムさんは語っていたが、その小林は肩と守備は良く他球団で有れば合格点の捕手かもしれないが、打てる捕手が求められる巨人、そして宇佐見の台頭も著しいが、巨人のベテラン捕手コンビの相川と實松一成捕手はそろそろ引退の時期で、小林と宇佐見、この2人を支える捕手が必要な巨人。

そこで、巨人が狙う捕手はオリックスの元正捕手の伊藤光捕手だ。

スポンサーリンク

巨人がオリックスの伊藤光捕手をトレードで狙う?

これまでの伊藤は、捕手としては失格の烙印を押され、若手に正捕手を奪われサードをやらされたりと過去にWBCにも選ばれた伊藤とすれば再起にかける思いは強いはず。

巨人の宇佐見は開幕と同時に怪我で離脱したが1軍に登録されサヨナラホームランを放つなど彗星のごとく現れブレークし期待は高いが、そこは2年目捕手。

宇佐見は期待は高いが戦力としてはまだ未知数なため、そして楽天嶋選手も生涯楽天宣言をしFAを行使なかった嶋を狙うことも無理となり、小林と競わせる捕手、サポート捕手が必要なジャイアンツは、来季のV奪回の為のチーム捕手事情を考えると小林の変わりに先発マスクを任せることが出来る捕手が必要となってくる。

そこで、スタメンを外れることも多いオリックスの伊藤を狙っているのではないだろうか。

巨人軍のトレードの駒となる選手は、外野手であれば立岡か橋本、内野手なら藤村、松本、中井に片岡、投手なら今村、江柄子裕樹辺りが候補。

例え現在は出場機会も減っている伊藤だが、仮にも最近は構想外気味だとしても捕手伊藤というビックネームから立岡、橋本、今村クラスは求められるだろう。

巨人がトレードで日本ハムの斎藤佑投手を狙う?

日ハム相手だと、大田を放出した今となれば現実味は薄いだろうが過去の永遠の恋人こと斎藤佑投手はもしも両方の思惑が一致すればトレードは成立するかもしれない。

人気低迷中の巨人は実力はもとよりお客を呼び込める人材は急務。

はたして今の斎藤佑にその魅力があるかは疑問だが、それでも巨人軍はもしも取れるものなら欲しい選手だろう。

ハム側は当然、佑ちゃんと最低でも同じ年俸でそれ以下の年俸の有望な若手を求めてくるであろうことから成立の可能性は厳しいだろうか。

しかし、可能性とすれば、オリ伊藤か、もしも交流戦後の斎藤投手の結果次第では先発も中継ぎも出来る左腕今村と斎藤とのトレードは十分に考えることが出来るだろう。

2017年シーズンオフに各球団が狙うトレード選手は?

2軍成績 打者:打率/HR 投手:2軍防御率/勝敗

枡田慎太郎(楽天)328/3本

西田哲郎(楽天)298/4本

中川大志(楽天)284/3本

山田大樹(ソフトバンク) 2.97/4勝2敗

榎田大樹(阪神)2.36/3勝1敗

伊藤隼太(阪神)330/3本

今村信貴 (巨人)3.50/2勝2敗

各球団のチーム事情により2軍でくすぶっている選手たちをピックアップしてみたが、どこもチーム事情にフィットすれば1軍で出場してもおかしくない選手ばかりだが今季はチーム事情により2軍が続く選手達。

楽天は2軍の層も厚いなっていう2軍の打撃部門。阪神はトレード相手次第では駒になりえる左腕とバッター。

左腕不足の日ハムがもしも斎藤佑の放出を決断すれば阪神か巨人の左腕狙いではないだろうか。

巨人はあるとすれば左腕不足のハムと斎藤佑かオリ捕手伊藤と今村のトレード。左腕と捕手がキーワードになりそうな今年のトレード。

はたして、今オフには各球団の驚く電撃トレードはあるのだろうか・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする