ホークス・五十嵐亮太長期離脱!肉離れ全治8~12週間

福岡ソフトバンクホークスに痛いアクシデントが発生した。本日11日の対楽天戦、7回のマウンドに上がった五十嵐亮太投手(38)がウィーラー選手に2球投げたところでアクシデントが発生、2球目を投げ終わった瞬間は五十嵐亮太投手の足が変な方向に曲がっているように見えたが、その五十嵐亮太投手はマウンドで苦痛の表情。

一時プレーを中断しトレーナーを呼んだが症状は深刻で投球は不可能と判断し自ら降板しその後が心配されていた。また、急きょマウンドに上がった岩嵜翔投手だったが、楽天ウィーラーに同点適時打を浴び同点に、さらに9回にサファテ選手が楽天の銀次選手に適時打を浴び逆転負けを喫してしまったが、この負けより痛いのが、これまでに39試合に登板し6勝0敗10ホールド、防御率1.30の、ソフトバンクホークスの中継ぎのエースが負傷離脱してしまったことが痛い。

スポンサーリンク

ソフトバンク・五十嵐亮太、左半腱半膜様筋損傷全治8~12週間の診断結果

試合途中に福岡市内の病院でMRI検査(精密検査)を行った結果、左半腱半膜様筋損傷(肉離れ)、全治8~12週間の診断結果だったことがわかった。これにより、長期の離脱が予想され今季中の復帰が厳しくなった。

五十嵐亮太投手が負傷した左半腱半膜様筋損とは?

一般的にハムストリング(人間の下肢後面を作る筋肉の総称)と呼ばれているが、半腱半膜・半膜様筋は内側ハムストリングと呼ばれる筋肉で、解りやすく言えば五十嵐亮太投手が負傷した場所は太ももの裏筋肉辺りと言えば解りやすいだろうか。

もう少し具体的にいえば左太もも裏、膝の真裏の少し上の内側太もも辺りだろうか。その周辺を負傷した様だが、復帰まで8週間~12週間ということは単なる肉離れでは無く中度~重度(2~3段階レベル)が予想され損傷レベルにもよるが筋肉の一部が断裂していると予想されることから、そして完治まで12週間までの予想がされているとするとかなり重症な肉離れだろうことが予想できる。

また、2ケ月~3ケ月で全治したとしてもそこからまた足と体力を作り直すためにはさらに数カ月かかると予想され今季の復活は絶望的だろう。さらに、38才という年齢から復活までのリハビリや衰えが心配だが、仮に上手く完治すれば日本シリーズに間に合うか?というギリギリの症状なだけに、3軍でのリハビリ開始時期が復帰までの一つの目安となるだろうが長期離脱は避けられないのが本人にとってもホークスにとっても痛いだろう・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする