巨人にトレード浮上か!狙うはソフトバンク本多雄一と捕手?

読売巨人軍が期限ぎりぎりの駆け込みトレードを狙っている?いたらしい?との噂がささやかれている。その欲しがっている選手とは左打ちのセカンドと捕手らしいのだが巨人ファンの私の考えではあるんだけど、セカンドいる?そことちゃうやろ?

いや、いま流行りの言葉をかりるとしたならば・・

違うだろ!違うだろーー!!この○○ー!!!(笑

いやね、セカンドは山本クンに吉川(尚)クンに辻クンがいるでしょうがぁ~

って、思う訳なんですよね。

まぁ、噂話に一喜一憂しても仕方がないんですけど(苦笑

スポンサーリンク

巨人がトレードで狙うソフトバンク・本多雄一内野手

実は左打ちのセカンドが欲しいという巨人軍は複数人の中堅選手を用意して、川崎選手獲得で弾きだされているソフトバンクホークスの本多雄一内野手との掛け込みトレードを狙ってるようなんですけどね、しかしソフトバンクは巨人が示すトレード要員ではソフトバンクからすれば過剰要因になるだけで成立しなかったって噂があるんですけど、そこ狙うかぁ~ってのが第一印象で、まぁ仮に狙うのは捕手なら解るんですけどね。

そしてセカンドを狙うとなるとますます今しか考えていない補強で若手の育成は全く考えていないということで、期限ぎりぎりの駆け込みトレードが成立しなかったとしてもシーズンオフにこの話が再燃することだけは辞めていただきたいんですけどね(笑

巨人がトレードで狙う中堅捕手とは?

また、巨人は1軍経験が豊富な捕手のトレードも狙っているという噂があるんですけどね、まぁこれは賛成です(笑

とにかく小林選手にはライバルがいない。

ベテランの相川亮二捕手や實松一成捕手は引退間近でライバルというよりは小林選手の控え的な存在で、2年連続1割台の捕手が誕生しようとしている巨人軍は、小林の成長の為にも尻を叩き危機感を煽らせレベルアップしてもらいたいと考えるのは妥当な考えで、巨人の一番のウイークポイントでもある正捕手、第二捕手問題の為に間違いなくこの捕手のトレード、またはFAでの獲得はあると、私も思っているんですよね。

そこで1番に思いつくのがFA権を取得した日本ハムの大野捕手を巨人は今オフにFAでの獲得を狙っていると思うんですけど、今月中のトレード期間ぎりぎりでの中堅捕手の獲得があるのなら、若手に出場機会を奪われサードまでやらされていたオリックスの伊藤捕手辺りが思い浮かぶが現実的には今オフの大野捕手の獲得に動く可能性が高いと思うんですよね。

そして、可能性は低いだろうけど中日の高橋周平外野手も調査対象になったという噂が。

まぁ、トレードがもっと活発になるのは面白いんですけどね!

しかしセカンドは違うだろっ!(笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする