巨人にトレード浮上か!狙うはソフトバンク本多雄一と捕手?

読売ジャイアンツが、ソフトバンクホークスの本多雄一選手をトレードを狙っている?いたらしい?との噂がささやかれていた。

その巨人が欲しがっている?選手とは左打ちのセカンドと捕手らしいのだが、セカンドには山本に吉川尚に辻がいる。

また、今やセカンドにはマギーがいて、吉川尚選手も2軍で育ちつつあり、宇佐見という2番手捕手が出てきた巨人は、本当に本多雄一選手と捕手の獲得を狙っていたのだろうか?また、今シーズンオフに狙うのだろうか?

そうなると、今季はトレード期間が終了したことからシーズンオフに狙うという事になるがはたして・・

スポンサーリンク

巨人がトレードで狙うソフトバンクホークス・本多雄一内野手

今季の巨人は、実は左打ちのセカンドが欲しいという巨人軍は複数人の中堅選手を用意して、川崎選手獲得で弾きだされているソフトバンクホークスの本多雄一内野手との掛け込みトレードを狙っていたようなんですけどね(噂)、しかしソフトバンクは巨人が示すトレード要員ではソフトバンクからすれば過剰要因になるだけで成立しなかったっという噂話があった。

しかし、今はドラ1の吉川尚に辻に山本がいて、忘れられつつある片岡も復帰しつつあるセカンドは飽和状態。

マギーセカンドはあくまでも今季だけの緊急オプションと考えればシーズンオフに狙う可能性はなくはないかもしれないが現状を考えるとセカンド補強はマギーセカンドで落ち着いた巨人の選択肢としては可能性は薄いだろうか・・

巨人がFAの日本ハム、大野捕手の獲得を狙う?

また、巨人は1軍経験が豊富な捕手のトレードも狙っているという噂があったんですけどね、しかし宇佐見の台頭、そして広陵の中村をドラ1で獲得を狙っているとの噂の巨人が捕手を狙うのか・・

ベテランの相川亮二捕手や實松一成捕手はそのそろ引退の時期が近くなり宇佐見と小林が育ってきた巨人だが、ベテラン捕手がいなくなる。

そこで1番に思いつくのがFA権を取得した日本ハムの大野捕手を巨人は今オフにFAでの獲得を狙っているとかもしれない。

また、若手に出場機会を奪われサードまでやらされていたオリックスの伊藤捕手とのトレードの可能性も捨てきれない。

日本ハムから増井投手や宮西投手もFAで、ここに大野捕手もFA、現実的にあるとすれば、中継ぎ候補として増井投手を狙う可能性が高いかもしれないが、大野捕手は中日が狙っているとの噂もあり巨人が獲得に動くのかどうかが気になるところではあるが、巨人の本田選手と大野捕手の獲得はあるのだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする