巨人のFA補強は増井と野上?来季も大補強号令!外国人補強は難航中

巨人が日本ハムのFA増井浩俊と、西武ライオンズのFA野上亮磨の獲得を狙う?

読売ジャイアンツが、今オフもFA補強に乗り出すことが分かった。昨日にも来季の巨人の補強は、FA選手は獲りに行くとの記事が出たばかりだが、巨人のオーナーのキャンプ視察でのコメントにて、改めて巨人が希望している選手のFA補強に乗り出す可能性をコメントしていた。

巨人が希望している選手は日本ハムの増井浩俊選手が噂されており、増井投手がFAすれば巨人が決定路線ともいわれており、増井浩俊の動向が注目されているが、西武ライオンズのFA野上亮磨投手については巨人の声は聞こえてこないが、水面下で動いている可能性はあるのではと憶測している。

その西武の野上投手はFA宣言し、現段階では阪神やDeNAが獲得に乗り出すとの情報が出てきていますが、他の複数球団も獲得調査を行っていると言われており、その球団の中にはソフトバンクや巨人も含まれているのではないかと推測する。

ソフトバンクホークスのFA情報は出なく、水面下での交渉後に獲得が決定すれば発表するというのが好例だ。

また、DeNAも今季のFA補強は水面下で行うと公表したばかりだ。

そこに、マイコラスの退団が決定的な巨人も、獲得するかどうかは別として水面下での調査に乗り出している可能性は高いと見る。

巨人が狙っていたと噂されていたFA選手は牧田に増井が本命候補だったとも噂されていましたが、牧田はメジャー濃厚。

そこで、野上にシフトチェンジしたとしても不思議ではないが、予算が限られている巨人は、外国人次第では野上を獲得出来る可能性と、野上を狙う可能性は低そうですが・・

先発投手とクローザーがいない巨人は、増井がFAすれば獲得に動くことは決定的と予想され、先発も1枚獲りたいと考えるのは、例年の巨人なら常だ。

育成路線に方向転換も、外国人補強も含めると最低でも現戦力を保つことが優先と考えている巨人は、マイコラスの穴埋めは野上に、マシソンの穴埋めは増井に、と考えているかもしれない。

それでも現状維持で戦力の上澄みは無いという訳だ。

そこに、あとは外国人補強でゲレーロ選手を狙いたいと考えているかもしれないが、最低でも増井投手だけは獲得に動くはずだろう。

巨人の新外国人交渉は難航

宮崎のキャンプを視察した老川オーナーが、巨人の今オフの補強について12日、言及した。FA補強については巨人が獲得を狙っている選手は、昨年に続き獲ると大号令を下したばかりだが、巨人の新外国人の交渉は難航しているという。

巨人のオーナーは実名こそ挙げていなかったが、巨人の新外国人の交渉で難航している選手には、中日ドラゴンズのゲレーロ選手やヤクルトスワローズのバレンティン選手だと予想される。

また、水面下で動いていると言われている台湾の大王こと王選手の獲得については定かではないが、中日のゲレーロ選手については他球団も獲得に動いていると言われ、ボラス氏を代理人にもつ誠意はマネー、契約は条件次第というゲレーロ選手の獲得には大苦戦していると予想される。

また、マシソンやマイコラスとの残留交渉も進んでいない、オファーの返事が無い状態だと言い、新外国人の補強と、自軍の現、助っ人の残留要請は思うように進んでいないのだという。その外国人にかかる費用についても予算が限られているといい、来季に向けての今オフの補強費用は絞っているといい、昨年の30億円補強、そして今季のBクラスでCSに出場出来ずに、CSや日本シリーズでの+アルファーの収入を確保できなかったことから来季の巨人の金庫は無限ではないようだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする