比嘉賢伸(盛岡大附)2017ドラフト指名候補!強肩強打の遊撃手

2017夏の甲子園での打撃や守備で評価が高まっている比嘉賢伸(盛岡大附)選手は、ドラフト候補のプロ注目の大型遊撃手。高校通算35発のドラフトでの指名が予想される高校生屈指の強肩強打の内野手だ。

第99回全国高校野球選手権大会、夏の甲子園1回戦では、昨年の覇者である作新学院戦を2安打2打点の4-1での勝利に貢献し、昨年の甲子園優勝高校である作新学院撃破に貢献した。

また、2回戦の松商学園戦では5打数1安打1打点1HRと、9回にとどめの一発となるホームランを放ちプロ野球のスカウト達から注目を集めている比嘉賢伸(盛岡大附)選手は高校3年生になり急成長している選手の一人だろう。

スポンサーリンク

2017年ドラフト会議・比嘉賢伸の評価と進路・獲得球団は?

読売ジャイアンツの岡崎ドラフト部長は、第99回全国高校野球選手権大会での視察で気になった選手、注目選手についてコメントを出しているが、遊撃で目に付いた選手に仙台育英の西巻賢二選手、明豊の三村鷹人選手と共に、盛岡大附の比嘉賢伸選手を上げるなどプロからの評価が高まっている甲子園での活躍を見せているが、第99回全国高校野球選手権岩手大会では高校通算35号を放つなど春からの7キロの増量でパワーと飛距離がUPし、今後は一気にブレイクするかもしれない選手の1人だろう。

また、中日ドラゴンズのスカウトは野手では盛岡大附の比嘉賢伸を評価し春からマークしている。

2017年ドラフト指名候補・比嘉賢伸プロフィール

比嘉賢伸(ひが・けんしん)180cm,82kg 右投左打 遊撃手 遠投100m 高校通算35発

第99回全国高校野球選手権岩手大会では、6試合に出場し22打数9安打 2HR 5打点 打率409と活躍しているが、2016年までは体の線もまだ細くパワーに関してはまだまだな印象だった。

しかし、今年に入り7キロの増量で飛距離が増し一気に本塁打の量産体制に入り、この1年で一気に成長した選手の一人だろう。

2017夏の甲子園では、8月16日現在、2試合に出場し9打数3安打1本塁打3打点

現段階でのドラフトは、もしも比嘉賢伸選手がプロ入りを表明すれば下位指名が予想されるが、2017夏の甲子園で比嘉賢伸の評価が高まっており、急成長している比嘉選手のこれからの結果次第では上位指名も予想されてくるだろう。

また、盛岡大附の甲子園は3回戦へ突入するが、そこでの活躍次第ではドラフトでの評価が一気に上がるかもしれない選手の一人ではないだろうか。

2017ドラフト会議まで残り一カ月を切ったが、比嘉賢伸のドラフトでの指名が期待される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする