巨人鹿取GM、王ソフトバンクと長谷川勇也の友情トレードか

巨人がトレードで狙うであろう選手は、打てる外野手に中継ぎと、今季シーズン開幕時期から噂されていたが、そこで今オフにソフトバンクで現在は出場機会に悩まされている元首位打者と最多安打のタイトルホルダー、長谷川勇也外野手との金銭トレード、または鹿取GMとの友情トレードを狙うのではないかと噂されている。

スポンサーリンク

巨人・ホークスの長谷川勇也をトレードでの獲得を狙う?

実際に今季のトレード期間の期限前に巨人はソフトバンクとのトレードの交渉を水面下で行っていたとの噂があった。

その選手は本多選手なのだが巨人のトレード選手には良い選手がいなく交渉は決裂したとの噂があったが、巨人は来年の優勝は絶対命令、トレード要員もそれなりの身を削る選手を用意し長谷川勇也選手の獲得を狙うのではないかと憶測される。

実際に、長谷川勇也にこだわらずソフトバンクの2軍選手は宝の山で金銭トレードも含め巨人は鹿取GM第一弾となる王氏との友情トレードは予想される。

鹿取GMと王ソフトバンク間で友情トレードは成立するのか?

前巨人軍監督でもあり、現ソフトバンクのGMでもある王会長と鹿取GMは、王さんが巨人軍監督時代にその王政権を支えた守護神でもあり盟友でもある。

そして、巨人軍へ無償トレードで移籍した小久保氏の記憶も新しいが、前巨人軍監督である王氏ひきいるソフトバンクと巨人軍は直通のホットラインというパイプを持っていると言われており、鹿取氏から頼まれれば王氏は金銭トレードで現在弾きだされている他球団なら1軍で活躍できるであろう選手の放出の可能性もあるかもしれない。

現在の巨人軍は2軍でくすぶる左腕今村、右腕江柄子裕樹、バッターでは松本や藤村あたりがトレードの駒となるだろうが特に、左腕今村はまだ若く条件次第ではトレードの成立は高いのではないだろうか。

また、打てる外野手といえば記憶に新しい昨年ブレークして今年は伸び悩んでいる城所龍磨や吉村選手とソフトバンクホークスの2軍は宝の山だ。

また、小林以外のキャッチャーがロートル化している巨人軍はオリックスとの捕手対投手の交換トレード。

また、中継ぎを強化したい巨人軍は王氏に泣きつき電撃トレードもあるのではないだろうか。

そして斎藤佑樹投手(29)の線も捨てきれない・・

記者B
この前こそソフトバンクの4番に起用されてましたよ~
89オンライン編集長
うむ、可能性は低いじゃろうがのぉ
89オンライン編集長
しかし、鹿取氏と王氏の盟友の直通ホットラインが有ればまだわからんぞ
記者B
小久保さんも電撃移籍した例もありますしね~
89オンライン編集長
オフには、なにかしらの友情トレードはあるかもしれんなぁ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする