【2018春の甲子園】ベスト4組み合わせ決定から優勝までを予想

2018年の春の甲子園、選抜(センバツ)高校野球がスタートしました。すでに各高校の熱い戦い、そして激闘が繰り広げられていますが、第1ブロックに聖光学院、東海大の優勝候補の高校が、そして第2ブロックにも優勝候補の日本航空石川明徳義塾、この2校が入り第1ブロックと第2ブロックのベスト4争いは白熱しそうだ。

対する第5ブロックには大阪桐蔭、第6ブロックには東邦が入りこちらもベスト4争いの激戦が予想される。

他の優勝候補である日大三や智辯和歌山は、上手く他ブロックに別れた印象だ。

スポンサーリンク

春の甲子園・組み合わせ・トーナメント表

春の甲子園ベスト8予想

第1ブロック

聖光学院・東海大相模

この2校はどちらが勝ってもおかしくはないが、総合力が上回る東海大相模が勝ち上がると予想。

第2ブロック

日本航空石川・明徳義塾

こちらの2校もどちらが勝ち上がるのかが難しいが、投手力が上回ると予想する明徳義塾が勝上がると予想。

10-0で1回戦を勝ち上がった日本航空石川の打力と、明徳義塾の投手力の対決はどちらが上回るのかにも注目だ。

第3ブロック

智辯和歌山

第3ブロックは、比較的ゆるやかなブロックに入った智辯和歌山の1強と予想。

第4ブロック

創成館

第4ブロックは実力校が集まってはいますが、昨秋の神宮で桐蔭と聖光を撃破した創成館が頭一つ二つ抜き出ているか。

第5ブロック

大阪桐蔭

いわずもがなの大本命の桐蔭は、第5ブロックに敵はいないでしょう。

第6ブロック

東邦

春の東邦、センバツの東邦、昨秋の32戦無敗で愛知大会を制した東邦が頭1つ抜き出ているか。

第7ブロック

日大三

5-0で1回戦を勝ち上がった日大三がやや有利な展開と予想しますが、7ブロックは比較的どこが抜けてもおかしくはないブロックに。

第8ブロック

星稜

第8ブロックも比較的めぐまれたブロックになった印象ですが、その中でタレントが揃う星稜が頭1つ抜き出ていると予想しますが、8ブロックもずば抜けているという高校は無いと予想します。

寸評

上記の第1ブロック~第8ブロックまでの高校が中心にベスト16が出揃い、ベスト8が決定してくるかと思われますが、3ブロック~8ブロックまでの、第3ブロックの智辯和歌山、第4ブロックの創成館、第5ブロックの大阪桐蔭、第6ブロックの東邦はほぼほぼ決まり、第7ブロック、第8ブロックはどこがきてもおかしくはなく実力は均等、8ブロックは星稜がやや有利か。

第1ブロック

聖光学院・東海大相模

第2ブロック

日本航空石川・明徳義塾

この2校のベスト8をかけた戦いは波乱も考えられますが、第1ブロックの本命は東海大相模、第2ブロックは明徳義塾が勝ち上がると予想します。

しかし、今大会の穴候補と予想している聖光学院日本航空石川が勝上がる可能性も考えられ非常に激戦区の第1、第2ブロックとなりそうだ。

春の甲子園優勝予想

各高校の戦力分析は、こちらの優勝予想をご覧ください。

春の甲子園、選抜、センバツ高校野球の季節がやってまいりました。今年のセンバツも各高校の実力が均衡しており接戦が予想されますが、その中で優勝候...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする