阪神・藤浪晋太郎がパ球団と電撃トレード?最新情報と予想

阪神タイガースの藤浪晋太郎投手の周辺が騒がしい。今季3勝という成績もさることながら今季はイップスの疑いで絶不調だった。入団から3年連続で二桁勝利を続けていたのに、金本阪神誕生後は成績が低下している。何故なのだろうか?

原因は色々な憶測の噂が飛び回っているが、金本監督との馬が合わないという不仲説、また、一軍と二軍を行ったり来たりを繰り返す指導法が合わない説、また懲罰投球でメンタルがやられイップスに、なんて憶測が飛びまわっていますが、金本監督就任以後は成績が低下したことは事実だ。

そして金本監督は新たに3年契約を結んだとみられており来季からの長期政権が確実になりそうだが、その来季からの3年間で藤浪投手の復活はあるのだろうか?

さらに2軍監督の掛布氏が2軍監督を事実上のクビとなり、藤浪とは馬があっていた監督もいなくなる。掛布の指導法はとにかく褒め、1軍に藤浪を送り出す時は失敗しても良いから思い切りやれとリラックスさせる、いわばアメメインだが、金本監督は競馬で言うなら追い込みゴールまでムチを叩き1等にならなければ追加でもう一周というさらにムチを加えるという藤浪投手の起用法に感じたが、その起用法が藤浪には合わないのでは?と言われていた。

そこで自信をを失い、周りをビクビクと気にしイップスに陥った、という憶測だが、阪神タイガースにとっては絶対に手放したくない投手だ。

しかし、金本監督が必要無いと判断すれば一気にトレード候補もありえるかもしれない。

スポンサーリンク

藤浪晋太郎と西武メヒアのトレード?

西武メヒアと藤浪投手とのトレードの噂が出ていた。西武球団関係者は阪神から藤浪とメヒアのトレード話は阪神からメヒアを使わないならくれよと話はあったというう記事があったが、信ぴょう性は分からない。

また、確かに話はあったけど冗談でしょう、5億円のメヒアを獲るわけが無いでしょうと煙に巻いていたが、確かに5億円は高いが、今季の阪神は200億円の球団売り上げの資金で新外国人のロザリオ選手は球団史上最高額での獲得へ、と言われており優勝を目指すなら予算は有ると見る。

また、ロザリオ選手との契約年数、藤浪投手の来季の成績、そして来季の阪神が7月の段階で何位に位置付けているのか、また西武の状況の全てがかみ合えば、無きにしも非ずかな、とは思いますが現状では薄い。

また、中田選手と藤浪投手のトレード話も噂されていたが、ファーストでロザリオを獲得すれば中田とのトレード話も薄い。

藤浪晋太郎パ球団と電撃トレードか

もしも、あるとすればシーズン前かシーズン中かは分からないが、球団の状況次第ではパリーグの埋もれているエース候補、阪神と互角の条件の投手を狙い、お互いに再起をかける温情トレードだ。

藤浪がこのまま埋もれてしまうのは勿体ないと考え、トレードの駒として考えると今が旬、売り時を逃してしまう事を考えれば相手選手次第では無くは無い。

また、阪神では他選手も噂されている候補選手がいることから、投手と野手の2対2と大型トレードの可能性もあるかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする