【阪神タイガース編】2017年プロ野球開幕1軍メンバー

スポンサーリンク

阪神タイガース2017年開幕1軍メンバー

阪神タイガース2017年開幕1軍登録メンバー27名

投手10名(背番号/名前)

投手 14 能見 篤史

投手 17 岩貞 祐太

投手 22 藤川 球児

投手 38 M.マテオ

投手 41 髙橋 聡文

投手 54 R.メッセンジャー

投手 56 松田 遼馬

投手 64 桑原 謙太朗

投手 67 岩崎 優

投手 98 R.ドリス

捕手3名(背番号/名前)

捕手 44 梅野 隆太郎

捕手 57 岡﨑 太一

捕手  94 原口 文仁

内野手7名(背番号/名前)

内野手 00 上本 博紀

内野手 0 大和

内野手 1 鳥谷 敬

内野手 2 北條 史也

内野手 32 新井 良太

内野手 33 糸原 健斗(2016年ドラフト5位)

内野手 58 荒木 郁也

外野手7名(背番号/名前)

外野手 7 糸井 嘉男

外野手 8 福留 孝介

外野手 9 高山 

外野手 25 江越 大賀

外野手 60 中谷 将大

外野手 68 俊介

外野手 99 狩野 恵輔

以上27名

2017年開幕1軍スターティングメンバー

阪神タイガース2017年型開幕オーダー予想

1(左)高山 

2(二)上本 博紀

3(中)糸井 嘉男

4(右) 福留 孝介

5(一)原口 文仁

6(遊)北條 史也

7(三)鳥谷 敬

8(捕)梅野 隆太郎

9(ピッチャー) R.メッセンジャー

開幕ローテーション

メッセ→岩貞→能見→藤波→秋山→メッセ→岩貞→青柳→能見

メッセンジャーが中五日、青柳投手が巨人戦に回るため

開幕スタートダッシュローテーションはこうなるのでは

ないかと予想されている。

2016年ドラフト1位の大山悠輔はオープン戦に出場し

9試合 15打数5安打 打率333 HR0 打点1

と、まずまずの成績を残したが、金本監督の育成方針で

2軍で体作りからスタート。

まずは体を大きくし、本格的なHRバッターに育てるという方針だ

夏ごろにはサードの救世主として1軍へ上がってくるかもしれない。

2016年ドラフト2位の小野泰己投手はオープン戦で

3登板 1勝2敗 投球回11 三振6 防御率6.55だった

まずは、2軍で育成となりそうだ。

その中で2016年ドラフト組ではゆいつ

糸原 健斗が開幕1軍の切符を掴み取った。

打線、投手共に去年と顔ぶれはあまり変わらないが

糸井 嘉男の加入で一気に盗塁数は増え、得点数も増えてくるだろう

そこで、4番 福留 孝介選手の活躍が不可欠になってくる。

福留選手はオープン戦1割台と不調だったが

シーズンではどうなるのだろうか。

原口選手も、オープン戦は不調でこの2人がこけると

打線は厳しくなってくる。

投手力は良いだけに、糸井選手の加入での相乗効果が

今年の優勝にかかっているだろう。

打線が爆発すると優勝の可能性も高いが

去年の育成してきた若手が開花していくのかと共に

今年の阪神は糸井選手よりも、福留、原口選手に注目したい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする