日本ハムの中田翔FA宣言か!増井、宮西、大野の主力4人が流出も

日本ハムファイターズの主力4人の、FA流出の可能性が出てきた。これに大谷翔平選手のポスティングでのメジャー移籍となれば、日本ハムの主力選手が一気に5名流出することになり、チームは解体を余儀なくされる。

日本ハムの若手を育てる育成システムでは、高額年俸選手やFA権を取得した選手は”卒業おめでとう”となり他チームへ移籍することが多いが仮にこの5名のFA流出を引きとめず放出してしまってもチームは大丈夫なのだろうか?

例え話だが、日本ハムの1軍メンバーが本来なら2軍選手のはずの選手が出場することになり、1軍メンバーが2軍メンバーにならないのだろうか。

スポンサーリンク

中田翔FA宣言で何処に行く?

まだ確実に名前が挙がっている4名の選手のすべてがFA宣言するというわけではないみたいですが、GOGOファイターズでの質問では中田選手は他球団の評価を聞いてみたいと答えており、FA宣言をすることは確実な状態ではないかと予想されます。

これまでは阪神やオリックスなどが中田選手に興味を示していたみたいですが、今季の成績と2億8000万円の高額年俸がネックとなり撤退、他球団も興味を示す球団はないのでは?そこで、FA宣言をせずに日本ハムに残留が濃厚、またはFA宣言せずに減俸し、トレードで放出という噂も流れていましたが、

中田選手のFA宣言が濃厚となり、何処が獲得するのかが気になるところではありますが、大野捕手についてはもしもFA宣言をすれば中日が獲得に動く、増井選手については巨人が興味を示しているという記事も出ており中田、増井、宮西、大野の4選手のうちの少なくとも半分はFA移籍するのではないかと予想されます。

大谷翔平選手ポスティングで最大5名の主力が流出

はっきりいって、チームやファンはもしも主力の大量離脱ともなれば激震ではないでしょうか。

チームの顔の5名の流出、いや、この中の1名でも衝撃なことで2名なら激震レベル、これが3名以上の流出があるとすれば日本ハムの1軍は解体レベルの衝撃、1軍メンバーが複数いなくなればチームの弱体も余儀なくされいくら育ってきた若手の育成の場を設けるためであれ主力の大量離脱だけは避けたい。

若手選手は1軍での活躍の場のチャンスが増え、1軍を目指しレベルUPの環境とすれば良いことであるが、やはりバランスが大事。

今オフの日本ハムがもしもFA選手の大量離脱ともなればチームは激震だ。

また、10月28日現在では増井投手のFA宣言が濃厚となっている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする