中日・ゲレーロ残留?森繁監督は自信!巨人とソフトバンクに阪神は撤退か

中日ドラゴンズのゲレーロ選手の移籍問題について、その周辺が怪しくなってきた。一時期はドラゴンズ退団、そして他球団への移籍が確実視されており、ゲレーロ選手獲得に名乗りを挙げていた球団は阪神タイガーズ、巨人、ソフトバンクなどの球団が挙げられていましたが、巨人はゲレーロ選手は来季の外国人補強の軸になる選手、阪神タイガースは獲得調査は続行中だがすでに撤退モード、そして球団からの詳しい獲得情報は挙がってきませんが水面下ではソフトバンクホークスのゲレーロ選手の獲得情報が流れていた。

しかし、最近では来日1年目のゲレーロ選手の希望している契約はまとまらないのではという噂が流れ始めている。

当初は3年契約の年俸は5億円とも6億円ともそれ以上とも言われ争奪戦を予感させていましたが、ここへきて各球団はそこまでの大金を出してまで獲得をしたいというスタンスでは無くなっていると噂されているのだ。

スポンサーリンク

ゲレーロは中日に残留か

ゲレーロ選手は明言というべきか野球はビジネスという言葉を残し米国に帰国したが、プロ野球選手である以上、日本に出稼ぎに来る外国人選手とすれば正論だ。

ただ、米国と違うのは日本人の文化での日本人の感覚だ。解釈を変えれば誠意は年俸ということだが日本人選手の本音はもちろんここにあるだろうが、しかし日本人の文化と美徳は違う。いわば本音と建前という言葉をビジネス上では選び、球団に愛着があり年俸より誠意というスタンスが多く使われると思うが、ゲレーロ選手ははっきりとビジネス、そして3年契約の複数年が希望と条件を自ら提示していた。

ここが、日本の球団からすれば来日1年目の選手にいきなり3年の高額な年俸は払えないというスタンスで誠意はマネーという言葉を使うと、金銭関係に難しい選手という印象が付いてくるという憶測も流れ始め、若手育成路線に走った巨人は高額年俸の複数年を嫌い撤退か?

などの情報が流れはじめているが、阪神は当初からとんでもない金額を提示している球団があり太刀打ち出来ない、撤退という情報も流れている。

ソフトバンクも外国人助っ人枠は一杯で、日本人選手ですらゲレーロ選手と守備が被る優秀なプレイヤーがいるチームの和を乱しかねない選手の獲得はあるのか?などと噂されてきた。

そこへ先日にも記事で書きましたが、森繁監督のゲレーロ選手の残留に自信発言だ。

巨人は興味が無いと聞いている。ソフトバンクは何処で使うの?と、そしてゲレーロ選手と1度話をしたがドラゴンズが好きだという発言、まあ、11月末を見てな、と自信たっぷりだった森繁監督でしたが、過去の外国人助っ人を見ると、他球団の選手で例えると、どうせ巨人に行くんだろ?と尋ねると、イカナイ、○○球団が好きだ。という他球団に流出した選手を沢山見てきたという話を聞くと、野球はビジネスというゲレーロ選手の移籍はありそうなきもするが、ソフトバンクはゲレーロ選手を獲得すれば確かにますます強くなりそうだが、使う場所が無い。

ゲレーロ選手がいなくても優勝を狙えるチームにあえてチームを分解させる可能性がある選手を獲得するのか?という部分を考えると、巨人と、ロザリオ選手のメジャー移籍の可能性が出てきた阪神、この2チーム次第ではあると思うが、どこまで契約年数と年俸を提示するのか?

中日は総額2年6億円の条件提示を済ませているというが・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする