中日ゲレーロ・流出決定的!去就は12月に中日をフリーになってから考える

アレックス・ゲレーロ選手が移籍について言及した。中日はゲレーロ選手の引き留めは全力で流出を阻止すると思われるが、最近のコメントは歯切れが悪い。

プロ野球12球団のこれまでの1年契約の外国人助っ人については、シーズン途中に囲い込み、複数年契約を提示し流出を阻止し、早々と契約を済ませる傾向が強い。

また、逆に言えばこの時期に契約がまとまっていない選手はマネーゲームになり他球団に移籍するパターンも多い。

そのゲレーロ選手について中日は、保留者名簿の提出期限である11月末までが勝負とコメントし、マネーゲームはしないとの情報も出てきたことから、ゲレーロ選手との来季の契約が難航していることが推測出来る。

スポンサーリンク

ゲレーロ・移籍の可能性を示唆

ゲレーロ選手が来季の去就について、日本か米国かはまだ決めていない。

保留者名簿の提出期限が切れる12月にフリーになったときに考える、とコメントしていることが実に意味深い。

ある意味、中日と優先で契約はせず、フリーになるという事を意味し、中日意外とも交渉すると受け止めていいのではないだろうか。

ゲレーロ・来季は中日とは契約せず?

互いに残留が第一希望というが、セリーグのホームランキングの推定年俸7億円のゲレーロ選手は(中日は1.5億支払い)、最低5億~7億の年俸は必須、中日に7億の複数年契約が結べなければ、他球団は7億~10億の複数年契約を用意するとも噂されており、

ゲレーロ選手のコメントから推測すると、中日とはフリーになって他球団と交渉し、マネーゲームへ突入が予想される。

また、中日は11月末までが勝負と位置付けておりマネーゲームは否定的、それまでにまとまらなければマネーゲーム突入は絶対的で撤退もと推測出来る。

ゲレーロ・来季の去就について日本に残るか米国に戻るかは決めていない

ゲレーロ選手の代理人はボラス氏、大型契約を結ぶ敏腕の代理人で、やはり契約には巨額な資金が必要になってくると予想される。

また、日本に残るか米国に戻るかはまだ決めていない、中日をフリーになってからというコメントから、契約金次第では米国に出戻りの可能性も。

しかし、あくまでも憶測の噂だが、資金が豊富な球団が7億~10億での複数年契約でゲレーロ選手の獲得か?とも噂されており、現段階でまだ契約がまとまっていない中日と、ゲレーロ選手との契約交渉は難航していることが伺え、11月末までに契約を結べるかどうかは中日が提示する来季のゲレーロ選手との契約金次第だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする