ゲレーロ・巨人誕生?去就はビジネス!阪神×ソフトバンクと争奪戦へ

中日のゲレーロ選手の来季の去就について、ビジネスファースト、条件面優先であることが判明した。これで中日を含む他球団とのマネーゲームに発展することが予想される。

現段階では11月末までのゲレーロ選手がフリーになるまでは、中日が優先して交渉出来るため、中日が優位な立場であることは間違いないがどこまで中日が年俸を支払うことが出来るのか、の1点に尽きる。

来日1年目でセリーグの本塁打王を独走するキングの2年目はさらなる飛躍が期待出来、広いナゴヤドームで本塁打を量産するゲレーロ選手の流出は絶対に阻止したい。

総額推定7億円のゲレーロ選手の年俸の現在は、ドジャース側が500万ドル、中日側が推定1.5億を支払っていると言われている。

10月4日追記:

巨人と阪神は中日のアレックス・ゲレーロ選手を来季の新助っ人候補の軸と明言した。

これで、ゲレーロ選手を巡り複数球団の激しい争奪戦が予想さる。

スポンサーリンク

中日ゲレーロ・交渉決裂で移籍決定的

条件面優先を語ったゲレーロ選手が、もしも他球団との争奪戦へと発展すればソフトバンク・ホークスが筆頭候補だろうか。

条件、ビジネスファーストを優先すれば仮に巨人や阪神が7億用意したとしてもソフトバンクがさらにその上の8億~10億を提示する可能性はあると推測出来る。

また、阪神タイガースもビシエド選手に興味を示していると言われており、FAでの中田翔選手の獲得を見送りその浮いたマネーをゲレーロ選手に、という情報、憶測も流れている。

対する巨人も来季の優勝は絶対命令で、外野兼ファーストのゲレーロ選手の獲得は補強ポイントでもしもゲレーロ選手がフリーになれば獲得に動くと予想され、これらの3球団の6億~10億での複数年契約、大争奪戦が予想される。

5億前後の複数年が妥当だと感じるが、ソフトバンクが8億10億提示すれば太刀打ちできる球団は無いかもしれない。

阪神も欲しい選手ではあるが若手育成を阻む選手を7億も出して獲得するだろうか?中日もマネーゲームはしないと語っており、ソフトバンクと巨人との争奪戦になりそうだが、ソフトバンクが大型契約でゲレーロ選手を獲得する可能性が高いかもしれない。

ゲレーロ・去就はビジネスファースト

ゲレーロ選手の代理人を務めるボラス氏が他球団との交渉で大型契約をまとめる可能性は高く、条件面を優先するゲレーロ選手の年俸は最悪7億円の現状維持は絶対条件ではないだろうか。

そしてセリーグのホームラン王のタイトルは確定的でさらに年俸は跳ね上がることも予想され、他球団がまとめる4億~5億での流出阻止の平均金額は軽く超えると見られ中日が5億提示したとしても残留交渉は厳しいと予想される。

中日は3億複数年で流出阻止

また、中日はゲレーロ選手に対し、年俸3億円の複数年契約を準備しているようだが、最低でも5億からのスタートと他球団は見ているようだ。

仮に、ゲレーロ選手がフリーになり12球団すべてとの交渉が解禁となれば5億では済まない事は確実で、6億~10億まで跳ね上がるのではないかとも言われているようだ・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする