巨人・トレードの噂と予想!ジャイアンツ最新情報2018

読売ジャイアンツのトレードの噂は絶えません。毎年のようにシーズン中やシーズンオフに限らず話題が上がりますが、何処からか噂が流れてくる。

何処まで確かなのか、信ぴょう性は定かではありませんが、球団所属の選手はトレードの噂は耳に入ると言い、前出のOBや球団関係者のコメントとして情報が流れたりしていますが、トレードの話がまとまらなかったときに後からこういう話があったという形で良く情報が出てきたりしていますね。

最近の話では日本ハムの中田翔選手のトレードの噂がありましたが、周りの関係者からという形で情報が流れ、信ぴょう性は分かりませんが火ないとこからは煙は立たない、という場合もあることは確かで、ある程度トレード前の話がポロっと漏れてくるなんてこともありそうですが、可能性としてはその球団の現状を考えると、どこが補強ポイントかを考えれば誰なら出せて誰が欲しい、という予想はある程度は出来そうな感じもします。

昨年、日本ハムにトレード移籍した太田選手も毎年トレード候補で噂はあり、巨人は斎藤投手が欲しかったという噂もありましたが決定したのは太田、公文=石川、吉川だった。

スポンサーリンク

巨人トレード予想

来季の巨人の補強ポイントは中継ぎではなでしょうか。先発はマイコラス投手が抜けましたが、野上を獲得し枚数は揃った。補強だけではなく、補強と育成を融合する路線に切り替えた巨人は、投手の育成を考えれば、6番目は若手育成枠。

1~5番手までは、菅野、田口、野上、畠、山口俊、と5枚は揃っている。残り1枚は、なんとかなりそうだと考えれば足りないピースは中継ぎ投手であることは明白ではないでしょうか。

それでは、最新のトレード情報は↓にてまとめていきたいと思います。

巨人のトレード情報&噂

12.17

ゲレーロ選手の獲得と、野上投手の獲得で4番と先発を補強し、来季の優勝に向けて投打の主役は確保した。マイコラス投手の流出で先発が不安と言われて...

12.7

読売ジャイアンツのシーズンオフ、ストーブリーグは毎年トレードの予想や噂話で盛り上がりますが、昨年は太田選手を絡めた電撃のトレードを敢行、はた...

12.6 以前の情報

巨人の2017年のシーズン中は、ソフトバンクホークスの長谷川選手や、内野手が固定できなかったシーズン前半戦はホークスの本多選手のトレードの噂が流れていましたが、シーズンも終了しドラフトも終わった現在を考えると、内野手は飽和状態、外野手もゲレーロ選手を獲得すれば陽選手と合わせ外野の2枠が固定となることから残りの1枠を亀井、石川選手を筆頭に立岡や橋本、他選手と外野も飽和状態で、上記の噂されていたトレードは立ち消えとなったのではないだろうか。

今後は、来シーズンに向けてのウイークポイントが補強ポイントであり、トレードで狙いたい選手になっていきそうですが、あるとすれば中継ぎ投手狙い、の可能性が高いかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする