巨人11連敗で終焉・転換期へ終わりは始まりの始まり

スポンサーリンク

11連敗は球団方針の転換期

エンドとでも言うべきか、終焉とでも言うべきか

昨日の試合で負けたことは、流石に11連敗という

球団史上最多に並ぶ連敗数、そしてエース菅野の滅多打ち

顔面蒼白で言葉が出ない、もう出る言葉すらなく無言という境地だった

悟りを開いたらこうなるのかな?

とうとう球団史上最多の11連敗で、私は無の極致にたどり着いたのだ。

怒りはないね、あ~あ負けたなぁ

もうね、逆転されても感情が湧かないのだ・・

東北に楽天という新球団が出来た時期があった

地元の人たちは新しい球団、初めは弱いけど1から応援して

ファンが盛り上げ選手を応援して、ファンと選手と球団の一体感があって

段々と強くなって成長していく姿を見ながら

応援出来ることを凄く羨ましく感じたものだ。

そう、今の巨人に足りないものは根本的な基本中のことなんだけどね

もう、経営者やフロント、編成を任せられ偉くなると

基本を見失い、売り上げや営業利益、ファンあってのプロ野球だが

強くて勝たないといけないという勘違いをしてしまう

もちろん勝たないと面白くは無いが

多分、経営者はファンが考えていることを見落としている、忘れているんだろうな

強くあり続けなくても良いんだよ

たまには振りかえって良いんだよ

高ければ高い壁の方が

登った時、気持ちいいもんなぁ

まだ限界なんてみとめちゃいないさ

閉ざされたドアの向こうに新しい何かが待っていて

きっときっと君を動かしてる

いいことばかりではないさ、さぁ次の扉をノックしよう

もっと素晴らしいはずの自分を探して

・・

現実逃避していつの間にかミスチル歌ってました・・

物事には必ず順番があり、その順番を歩むのもまた人生

その途中をすっとばして補強ばかりしても楽しくは無いし

長期的に考えれば選手の育成は出来るはずもなく

強い時期もあれば弱い時期をもるであろう時に、若手選手を育成し育て

その弱い時期を、選手を育成して強くなり乗り越えていく姿を応援するのも

ファンにとっては楽しみな部分でもあり

ベテランや過去の実績優先などという詰らない方針は捨て

育成しながら勝つ野球は出来ないなどという古臭い巨人の方針は捨て

新人の育成を、1軍で起用しながらある程度は我慢して育ててほしい

と、思う訳なんですよね。

この11連敗で、球団方針を変え

高橋監督には申し訳ないが、監督、コーチ、フロント

すべて入れ替えぶっ壊し、生え抜きにこだわらず

よそ様の血をいれてでも、一度巨人軍というチームを解体し

新しく1から再生させなければ、そうする転換期にしなければならない。

山口俊、15日ソフトバンク戦へGOサイン

山口俊が移籍後最長の7回114球1失点MAX150キロと

15日のソフトバンク戦をかけた試験にノルマをクリアし一発合格。

やっと、山口俊も1軍へ合流する。

現在11連敗借金8と首位奪還は厳しい状況ではあるが

2ヶ月もあれば借金完済と貯金生活は不可能な数字ではない。

陽選手も昨日は2点タイムリーを放ち、山口俊と役者が揃ってくれば

セリーグ再開後のロケットスタートも期待は持てる。

昨日の村田の途中交代というアクシデントが心配だが

本人は大丈夫とはいっているが足の状況は心配だ。

最近は村田のHRしか見ていないが

その村田が離脱するようならますます厳しいジャイアンツだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする