巨人・野手の世代交代に成功し見据える2018年ドラフトで左腕の乱獲

読売ジャイアンツの2017年ドラフトでは、ドラフト1位で鍬原拓也を獲得した以降は全て野手の獲得だった。

2,3位で捕手を獲得し、以下は全て内野手の獲得と、捕手2、野手5の偏向ドラフトかに思えたが、3位の大城は捕手兼ファースト&ライトと、捕手で獲得したという考えは捨てた方が良いかもしれない。

きたるコンバートに備えてのいわば宇佐見の保険で、宇佐見か大城のどちらかは外野やファースへのコンバートが現実的で先を見据えたドラフトだった。

さらには、投手を育成するのは上手いと感じる巨人だが、野手の世代交代が進んでいない。これは、野球賭博の年の大量の投手離脱で2016年のドラフトではピッチャーを乱獲せざるをえなく、野手を獲得する余裕が無かったことが響き2017年はベテランを大量解雇し野手の世代交代を進めるべく2017年は7名もの野手を獲得し、ジャイアンツの補強ポイントの優先順位を考えれば投手と野手のバランスの良い獲得が出来なかったことが、

2016年は野手1、投手6、2017年ドラフトでは投手1、野手7という3年計画のドラフトで、2018年のドラフトでやっと投手の野手のバランスの良い獲得が出来ると巨人は語っていた。

スポンサーリンク

巨人・ベテランの過渡期から若手に世代交代へ

2017年ドラフト3位の大城卓三、ドラ5の田中俊太の二名は、特に期待が高いルーキーではないだろうか。

高橋監督もオープン戦では良い場面で結果を出し続けている大城と、キャンプ時から巧みなバットコントロールを大絶賛中のこの両者だが、田中俊太はセカンド、大城は捕手兼ファースト&外野手だ。

そのセカンドには吉川尚輝、捕手には小林がいるが、今季がベテランの過度期とすれば、いよいよベテランとの世代交代を推し進め決断する時期である2018年には、阿部の変わりに岡本か宇佐見、大城の誰かがファーストに入っている事が予想される。

さらには、長野との世代交代で来年にはライトに大城が入っていることも予想される。また、捕手は小林、第二捕手に田中貴や河野、今期の小林や大城の成績次第では来年の正捕手に大城が選ばれている可能性もある。

ファーストに宇佐見が入れば、マギーの年齢を考えれば来年のサードは岡本が入っていることも予想される。

もう少し、数年先を見据えれば、30才を過ぎる坂本をサードにコンバートさせ、遊撃に吉川尚、セカンドに田中俊太というオプションも考えられる。

この、岡本、大城、田中俊太、宇佐見、ここに辻や山本の若手が食い込み、この中からの数名が今季から来期にかけて選抜され、2018年の阿部や長野選手達との世代交代が進んでいくかと思われ、

(三)岡本→(遊)坂本→(二)吉川尚→(一)宇佐見→(右)大城

(三)坂本→(遊)吉川尚→(二)田中俊→(一)宇佐見or岡本→(右)大城

近い将来は、こんなシフトが見られるかもしれないが、アンダー25世代の、吉川尚(23)、田中俊太(24)、大城(25)、宇佐見(24)、岡本(21)の、特にこれらの5名の選手が中心に世代交代が進んで生きそうな読売巨人軍。さらには辻や山本に北見と若林、ブレイク候補のミレニアム世代が集まったジャイアンツは一気にベテランとの世代交代が加速しそうだ。

近未来巨人打線予想



巨人2018ドラフト戦略

大城の獲得で、宇佐見と合わせ2名もの阿部に変わる大砲、スラッガー候補が誕生したことが大きい。さらに、ここにまだ21才と若い岡本が加われば、2018年のドラフトはピッチャー、特に左腕不足の巨人は左腕の乱獲が予想される。

また、大城、田中俊太、宇佐見、岡本、脇を固める辻に山本、そして北村や若林と次世代の若手の獲得で投手多めの獲得が可能になった2018年ドラフトでは、1位候補に大阪桐蔭の投手兼内野手兼外野手の大谷次ぐ二刀流候補の根尾、そこに東海大のノーヒットノーランを達成した菅野に次ぐエース候補の青島投手、この2名が現段階では軸で動いているが、どちらにせよ今季巨人が若手の世代交代が加速すれば2位以下では左腕を多めに獲得していく事が予想され、2018年ドラフトで当たり投手の獲得に成功すれば、2019年の巨人は投打共に世代交代が成功、そして加速する。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする