【巨人】1軍間近かの西村・山口俊・桜井が復活へ向け動き出した

スポンサーリンク

チーム編成とドラフト戦略を見直す時期

そろそろというか、もう手遅れかもしれないけど

チーム編成とドラフト戦略を見直さないと暗黒期に突入しそうだ

足りない所はFAとトレード、外国人補強で

という考えは捨て、1からチーム戦略を見直さないと

もう阿部はいなくなり、坂本と菅野しかいない現状になってしまう。

現実を見ると圧倒的な強さの巨人はもういない

完全なフロントの戦略ミスと育成ミスだ

投手は育つがバッターは育たない

それは当たり前だ

だって、FAにしてもドラフトにしても

いくら野球経験があるとはいえ素人がフロントトップ

としか思えない補強の仕方だ。

ドラフトのスカウトは投手出身ばかりだから

当たり野手を見極めれない。

そして、ドラフトで取る選手は

バッターの当たり年に、投手を取り

投手の当たり年にバッターを取る悪循環

2016年ドラフトは都内の星ことロッテが獲得した佐々木投手は

スカウトとGMがしっかり各チームのドラフト戦略を見極めていれば

一本釣り出来た選手だ。

そして、佐々木は都内出身でもしも巨人が獲得出来ていれば

菅野のライバルとしても良い刺激を与え人気も出ただろう。

戦略として、10年以上もセカンドを固定できなかった巨人は

目先の結果より将来を優先して、吉川が欲しくて

吉川をドラフト1位で獲得したなら分かるが

吉川より、佐々木より、田中正義を1位で指名した。

一番チームに欲しい選手が田中正義という選択をしたことになる。

しかし今の選手層をみると

5球団も6球団も指名をしてきそうな選手を

取れる確率が低いギャンブルで1位指名できる環境では無いと思うわけだ

確実にエース候補を取っていかないと計算できるのは菅野しかいない

という現状を踏まえると、きちんと見極めて

佐々木を1位で獲得して欲しかったというわけだ。

そしてバッターで取るとしても毎年俊足巧打タイプ

こんなドラフト戦略では、そりゃ投手中心のドラフトなんだから

投手は育ち、野手や大砲は育たない

だって指名されるのは投手の方が多いんだから・・

かといって、ピンポイントで野手を当てるスカウトの眼、もない。

そして、補強もピークを過ぎた選手を大金を叩いて獲得するんだから

チームの総年俸だけ上がり成績は上がらないという

チーム編成もおかしくなってしまう。

今の巨人の野手をみると、生え抜きは

極論でいうと阿部と坂本以外は1,5軍選手ばかり

もう少し、中距離砲をドラフトで指名してもらいたいと思ったりもするんだけど

茂木、吉田、高山の野手当たり年の時は、野手を狙って欲しかったなぁ

まぁ、色々あの時は事情があったんだけど・・

しかし、投手層は相変わらず厚い

野球は守備と投手だ!なんて考えはもう古いかもしれないけど

今の巨人は打線がダメなら投手が抑えるしかない

そこで、新たに西村、山口俊、桜井が復活してきた

1軍への昇格も近いように感じるが、あとは結果を出すだけだ。

桜井・山口・西村の最新情報

西村健太郎が、故障後初のシート打撃に登板した。

最速は146キロと初シートにしては随分とスピードが出ている

という印象で、故障の影響はなさそうだ。

現在6,7回を任せれる巨人の中継ぎ陣は

頼れる右腕が急きょ支配下登録した篠原だけという

あとは左腕だらけという異常事態。

この西村が復活すれば6,7回を任せれる中継ぎ陣が不安定な

巨人にとっては大きな戦力だ。

そして、山口俊がやっと移籍後初のフリー打撃に登板した。

最速は139キロと、もう少し時間がかかりそうな印象だ

6,7割の状態ということから、復帰は順調にいけば

交流戦に間に合うかどうかだろうか。

そして、去年の9月に右肩違和感で登録抹消された以後

7カ月もかかりやっと初フリーと考えると

肩の影響はよほど深刻だったのだろう。

本人は、また肩を壊すのが怖くて投げれないという

メンタル的な問題だと言っていたが

肩の怪我から復帰した選手は少ないだけに

このまま松坂選手のようにならないか心配だ。

そして、2015年ドラフト1位右腕の桜井投手がやっと調子を

取り戻しつつある。4月27日のイースタン戦で

七回まで投げ3安打2四死球8三振で無失点と好投。

サクラの季節に満開と結果出し、季節が終わると

一気に散っていく桜井には今度こそ期待したい。

ロングリリーフや中継ぎの右腕不足の巨人は

桜井と西村の両右腕の復活が巨人巻き返しの起爆剤となるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする