巨人の宮崎キャンプ!松井に小林、吉川と岸田に重信と大城選手の練習風景

ジャイアンツの宮崎キャンプを見に行くと、丁度2軍が練習している木の花ドームで松井氏が各若手の打撃練習を見ていた。田中と重信選手が打撃練習している丁度まん中で松井氏は段取り他コーチと談合しながら練習を眺めていました。

今回は、2軍選手を中心に巨人のキャンプを見て回りましたが、

昨日の、2月6日は松井氏が巨人のキャンプに合流した初日という事もあり、まずは各選手の状態を観察している段階だったと思われるが、時が過ぎれば今度は小林選手にマンツーマンでの個別打撃指導が始まった。

スポンサーリンク

巨人・宮崎キャンプ情報

松井氏は身ぶり手ぶりでスイングし軸足を意識したバッティングを小林選手に指導していたと思われるが、初日の小林選手への指導は実は高橋監督からの要望だったらしいのだ。

今回、高橋監督が松井氏にお願いしたのは小林や岡本、そして吉川尚輝選手への打撃指導と言われており、そこでさっそく2軍の練習施設で15時前後から小林選手への打撃指導が始まった。

この指導で、昨年の打率206から今年の打率が上がれば松井氏のコーチ力は本物になる。いや、坂本や筒香選手にも打撃しており坂本は首位打者へ、筒香選手は日本を代表するスラッガーに、さらには海の向うのヤンキース、本塁打王に輝いたアーロン・ジャッジ選手がマイナー時代に打撃指導を行い本塁打王に育てた松井のコーチ力はもともと高いと言われている。

また、岡本への打撃指導も行い精力的に初日を動いた松井氏の周りには、鹿取GM、二岡コーチ、高橋監督など豪華な顔ぶれが揃い2軍キャンプ場はファンが溢れかえっていた。

また、由伸監督が打撃が良いと、ロングティーでの飛距離のパワーや、スイングが早いと大絶賛中の大城選手は、A球場で田中選手と一緒に捕球練習を行うなど捕手練習を行っていたがもしかすると捕手の出番が無ければ左の長距離砲として外野手へのコンバートも見えてくる。

丁度、大城選手からサインを貰ったが対面した感じはとにかく縦にも横にも筋肉ででかくてごつい身体をしていた。捕手練習ではもういっちょ、と声を振り絞り厳しいトレーニングを行っていたが、とにかくでかくて良い面構えをしていた。

大城のロングティーの飛距離は期待せざるを得なく、打撃に関してはとても楽しみな選手の1人、ドラフト3位の大城選手には期待だ。

また、重信選手は昨日はとにかく寒かったが、木の花での打撃練習が終わるとB球場で黙々と外野ノックを遅くまで受けていた。

高橋監督の秘蔵っ子である重信選手の打撃練習では、松井氏や高橋監督自ら長い時間近くで見守り期待の高さが伺えたが、本人も自覚があるのか寒い風が吹き荒れたB球場で、もくもくと外野ノックで走り回っていた重信選手の今季にかける意気込みとやる気を感じた練習風景だった。

また、岸田選手の捕手練習や打撃練習中にタイミング良く出くわしたが、村田コーチから捕球指導を受け汗を流していたが、この岸田捕手も打撃も良く足も速いと首脳陣の期待が高い。

未来のジャイアンツのセカンド主力候補の山本と吉川君も頑張っていました。特に、吉川尚輝選手は今年の期待は高い。打撃練習では大きなフォロースルーで力強いスイングを繰り返しており怪我もなく順調に1軍キャンプを過ごしており、昨年と比べれば大きなアドバンテージだ。この調子で開幕を迎えれば開幕セカンドは吉川尚輝選手かも?

また、A球場にて中井選手も片岡コーチから個別指導を受けていた。昨季は試合出場数も増え今季が勝負の年となりそうだが、中井選手は快くサインに応じてくれ出待ちのファンにサインの即席会、私も頂いたので今年は中井選手も特に熱く応援したいと思います(笑)

おまけ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする