巨人・11年ぶりの泥沼8連敗!細かい采配が出来ず油断の逆転負け

スポンサーリンク

巨人泥沼8連敗

巨人対オリックスは5-6で巨人軍の逆転負けでゲームセット。

巨人軍がまさかの1-4からの9回に

まさかの守護神マシソンが打ちこまれ4-4の同点にされ

その後、延長11回に2点を取られたが

今の巨人には再度逆転出来る反撃出来る力は残っていなかった・・

これで2006年以来の8連敗で11年ぶりの泥沼8連敗という不名誉な記録で幕を閉じた。

今日は99%の人がジャイアンツの勝ちを意識していたのではないだろうか。

かく言う私もそうだったが、いわゆる油断という奴だ。

しかし、今の巨人は何をやってもかみ合わず上手くいかない。

守護神のカミネロはこれまでの20試合前後でほとんどセーブ機会での登板が無く

カミネロの守護神、1軍枠の意味はほとんど皆無だったが

今日という勝ち試合に限ってカミネロがいればという

カミネロを落とせば、こういう時に限ってカミネロがいないという

そして、クルーズを上げればクルーズは打たないという

なにをやっても投打がかみ合わない巨人の采配だった。

しかし、クルーズというセカンドの安定感は抜群で

エラーの無い試合は引き締まり投手戦に持ちこめたことは

今後のプラス材料と判断したい。

そして、まだ選手を入れ替えて1試合目だ。

まだまだ早期の判断はやぼようだ。

今日は、采配から負けるべきして負けた試合

今日の負けたポイントは2-1の場面の小林4-4の場面の亀井だ。

あさーい、と江川さんから言われるかもしれないが・・

巨人軍は2-1の場面で勝てると判断したのか

勝ち越した展開で判断力が鈍ったのか

今日の逆転負けは細かい采配が出来ない高橋監督の采配力不足に限る。

結果論でタラレバだが、2-1での7回裏の場面

ワンアウトランナー1,3塁場面での小林1塁ランナーは長野。

ここで小林はバントをし、2アウトランナー2,3塁になった。

結果、その後は坂本の2点タイムリーで4-1としたわけだが

この場面では、長野を走らせれば、サード石川は

ダブルスチールでホームを狙えることから

キャッチャーはセカンドには投げずに

わざわざアウトを一つ相手チームに与えることなく、ワンアウトランナー2,3塁の

局面を作れた場面だったが、そういう細かい野球、采配を高橋監督は出来なかったことが

今年の順位に現れている。

そういう細かな采配が出来ない積み重ねが今季の借金生活という現実に直結しており

勝てる試合での勝利を逃しており、いつも動かない選手任せの

ミスをすれば選手のせいという守りの安全策の采配が招いた結果だ

高橋采配を象徴していた7回裏の守りの采配が低迷の理由の一言

この采配が今季の順位を物語っていた。

その後、9回表に3点取られ4-4に追いつかれたその裏の

9回の攻撃は2アウト満塁の場面を作り、打者は亀井。

ここでも監督は亀井に自由に打たせていた。

結果、亀井選手は2アウト1ストライク1ボールの場面の次の球の

足の付近に来た見逃せばパスボールになったであろう逆球のクソボールを振り

5-4でパスボールでサヨナラ勝ちの場面を逃しファールにしてしまった。

もうこうなればバットは止まらず次のボール球で三振。

もしもこの時、監督からチームバッティングのサインが出て

ストライクの入らない平野に対して亀井に見ろのサインを出していれば。

もしも亀井に繋ぐ意識があれば、俺で決めるという強い気持ちは大事だが

ボール球に手が出てしまうのは違う。

結果、カウントワンワンからボール球に手を出してしまった亀井選手は

次のツーワンからのボール球も振ってしまい

見逃せば1-3の場面が作れた場面で

2球連続のボール球に手が出てしまい空振り三振を喫してしまった。

今日の解説者の元巨人軍の原さんも、ワンワンからのボール球を待てずに

手を出してしまったことが次のボール球にも手が出てしまったと解説していた。

そして、5-6のワンアウトランナー1塁の場面でも寺内はバント失敗2アウト。

この結果は毎回見ているバント失敗という光景に

試合が終われば居残りでバント練習をさせるわけでもなく

細かい采配で次の1点を狙う訳でもなく

全てが選手任せで、バントや、状況に応じてバットを短くもち

ボール球は振らない、どんな球でもくらいついて三振はしないという

巨人軍の選手は俺が俺がで俺が決めるの精神で

チームバッティングが出来ないでいる。

今日の試合も、1-2の小林の場面でバントさせみすみすアウトを献上した場面で

負ける気はしたが

やはり、チームバッティングと細かい采配が出来ない巨人軍は

負けるべくして負けた試合だと痛感した。

そろそろ、厳しさを前面に打ち出しても良い時期なんじゃないかな?高橋監督・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする