【読売ジャイアンツ編】2017年プロ野球開幕1軍メンバー

スポンサーリンク

読売ジャイアンツ2017年開幕1軍メンバー

読売ジャイアンツ2017年開幕1軍登録メンバー28名

投手11名(背番号/名前)

投手 13 森福 允彦(前ソフトバンク)

投手 17 大竹 寛

投手 19 菅野 智之

投手 20 S.マシソン

投手 39 M.マイコラス

投手 40 谷岡 竜平(2017年ドラフト3位)

投手 44  A.カミネロ(前マリナーズ)

投手 47 山口 鉄也

投手 48 池田 俊(2017年ドラフト4位)

投手 90 田口 麗斗

投手 91 中川 皓太

捕手3名(背番号/名前)

捕手 22 小林 誠司

捕手 27 實松 一成

捕手 94 河野 元貴

内野手9名(背番号/名前)

内野手 00 寺内 崇幸

内野手 6 坂本 勇人

内野手 10 阿部 慎之助

内野手 12 脇谷 亮太

内野手 25 村田 修一

内野手 33 C.マギー(前タイガース)

内野手 38 岡本 和真

内野手 61 中井 大介

内野手 68 吉川 大幾

外野手5名(背番号/名前)

外野手 7 長野 久義

外野手 9 亀井 善行

外野手 43 重信 慎之介

外野手 49 石川 慎吾(前日本ハム)

外野手 58 立岡 宗一郎

以上28名

2017年開幕1軍スターティングメンバー

1(二) 中井 大介

2(中)立岡 宗一郎

3(遊)坂本 勇人

4(一)阿部 慎之助

5(三)C.マギー

6(右)長野 久義

7(左)岡本 和真

8(捕)小林 誠司

9(ピッチャー) M.マイコラス

読売巨人軍の2017年型開幕オーダー予想

今年は新加入選手6名が開幕スタメンを勝ち取った。

日本ハムからFAにより移籍してきた陽 岱鋼選手が

開幕に間に合わず、また、山口 俊投手も開幕に間に合わず

苦しいスタートになるのではないでしょうか。

その中で、外野手に3年目の岡本 和真選手が開幕スタメンに抜擢されそうです。

去年、1年間小林を使い続けて経験させ育成したように

今年は、岡本選手にも結果は求めず100試合は我慢して使って欲しい

最終的に打率220 10本は打てる力はあると思います

ちなみにDeNAの筒香選手の3年目成績は108試合 打率218 HR10と

結果が出なくても育成するんだという球団の方針の賜物で

日本を代表するバッターへと育って行きました。

最高に油の乗った旬な3年目こそ育成のもっとも重要な時期

高橋監督には岡本を我慢して使い続けることが出来るのかに注目したい

また、外野手に石川選手という非常に勝負強いバッターが加入し

亀井、村田と代打陣も去年と比べものにならない位の層が厚くなりました。

脇谷選手もイースタンで6割と絶好調で

若いメンバーをベテランが固める陣容となった。

去年と比べると打線は相変わらず物足りないが代打陣に厚みが増し

リリーフピッチャーには谷岡と池田のドラフト3,4位コンビが

スタメンを勝ち取り、山口、田原頼りだった去年と比べると

厚みが増しただろう。

序盤はこのメンバーで乗り切り

4月後半から5月にかけて陽選手や山口俊選手

片岡に吉川尚選手や、沢村も復活し

不調なメンバーと入れ替え巨大戦力でペナントを乗り切っていくだろう

また、高橋監督は大学の先輩であるGMが補強したマギー選手について

戦力として補強してきたわけだからある程度は使うと言っており

マギー選手については4月中は不調でも使い続けるだろう

ポイントは仮にマギー選手が打てないときは早めに2軍に落とせるか

外国人選手の起用方を間違えないことに今年のペナント奪還はかかっている。

ここで、クルーズの存在が重要になってくるのだが

サードクルーズと言う選択肢もあるわけで村田、阿部、マギーの不調な選手を

遠慮なくスタメンから外せるのかに、注目してみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする