ロッテのドラフト2位!藤岡裕大(トヨタ)新人王候補の成績と評価は

トヨタ自動車に所属している藤岡裕大内野手は2017年ドラフト上位指名候補との呼び声が高い。

現在は複数球団がマークしているが、今秋の2017年ドラフトでは内野手を強化したい球団の2.3位辺りの指名が予想される。

また、2015年のドラフトでは大学時代の首位打者のタイトルを獲得した安打製造機こと藤岡裕大選手だったがまさかの指名漏れに涙したが、今秋ドラフトでその雪辱を果たす。

スポンサーリンク

ロッテのドラ2藤岡裕大

阪神や日本ハム、DeNAなどもマークしているが指名順や他球団の兼ね合わせ次第ではロッテやオリックス、広島の参戦もあるのではないかと予想されるが、タイミング次第では巨人も内野手or外野手の起用としての参戦もあるのではないかと予想する。

もしも、4位で残っていたら確実に取りたい選手だが2,3位辺りで消える選手でその年の優先する選手や守備の状況次第では、今年の藤岡選手の参戦は残念だが見送らざるおえない球団も出てきそうだ。

また、大学時代には左腕DeNAの今永選手から2本のホームランを打っており、広角に打ち分けるバットコントロールやパンチ力のある打撃、また肩の強さから以外性のあるチャンスに強いバッターになる可能性も秘めている。

今年のドラフトはHRバッター候補の野手が多く、左腕も期待が高い投手が多い為、内野手のアベレージ型の1位指名を狙う球団は少なくなりそうだが、もしも年度が違えば1位指名候補だったかもしれないがそれでも間違いなく3位以内で消えてしまう選手だろう。

藤岡裕大の成績と評価は

178cm,83kg 右投左打 MAX150キロの内野手 50m6.1秒 大学時代はサードを守り社会人では遊撃手としてプレーしている強肩の安打製造機タイプ。プロで成功すればリードオフマンの3割10本、1,2番タイプ、パリーグなら9番辺りも面白く、また肩も強いことからプロでは外野手としても面白いユーティリティープレイヤーになるだろう。

藤岡裕大選手の大学時代は主にサードを守り東都大学野球リーグで史上23人目の100安打に到達したヒットメーカー、社会人に入ると主に遊撃手として守る投げては150キロの強肩内野手だ。

仮にプロ入り後を仮定すると、強肩を生かし外野手での起用も面白く内外野を守れるユーティリティープレイヤーとして活躍するのではないだろうか。

そういう観点から考えると、各球団は内野手として考えるドラフトではなく将来の藤岡裕大選手の”可能性”を考えたドラフトになるかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする