藤村大介・巨人の起爆剤になるか?セ界のスピードスター奪回へ

読売ジャイアンツ、岡本和真が登録抹消され

橋本到が一軍に登録された。

スポンサーリンク

岡本和真登録抹消

岡本1軍成績

12試合 22打数5安打 打率227 出塁率346 HR0 打点2

開幕こそスタメンに名を連ねたが

その後は重信と1試合ごとに併用して試合に出場していた

そして石川選手がスタメン出場すると、今度は石川選手が

スタメンを勝ち取り、長野と重信を併用していたが

ここへきて、岡本、重信、石川選手の外野争いが

ひとまず決着した形となった。

石川選手がスタメンを勝ち取り、重信は代打&代走要員

石川選手は若手の中では一番振れているし

流石、パリーグ産という言い方は失礼だが

ちょっと巨人の若手とは期待値が違う打撃をしている。

重信選手は、打撃云々ではなく

終盤のここぞの代走要員で脅威となる、足、につきるだろう。

その結果、岡本は橋本選手と入れ替わった。

ジャイアンツ2軍選手成績

4月20日(木)現在イースタン成績

橋本 到  22試合 61打数18安打 打率295 出塁率423 HR2 打点9 盗塁3

吉川 尚輝 19試合 55打数10安打 打率182 出塁率246 HR0 打点3 盗塁3

片岡 治大 17試合 45打数10安打 打率222 出塁率300 HR0 打点5 盗塁0

柿澤 貴裕 16試合 46打数11安打 打率239 出塁率300 HR0 打点6 盗塁2

クルーズ 12試合 29打数8安打 打率276 出塁率333 HR2 打点5 盗塁0

藤村 大介 21試合 33打数11安打 打率333 出塁率436 HR0 打点1 盗塁2

松本 哲也 18試合 59打数13安打 打率220 出塁率270 HR0 打点6 盗塁2

堂上 剛裕 21試合 66打数16安打 打率242 出塁率329 HR0 打点4 盗塁0

辻 東倫 17試合 60打数17安打 打率283 出塁率317 HR0 打点5 盗塁0

北 篤  16試合 51打数17安打 打率333 出塁率414 HR0 打点7 盗塁0

田中 貴也 16試合 47打数12安打 打率255 出塁率340 HR0 打点3 盗塁0

吉川 大幾 7試合 9打数0安打 打率000 出塁率182 HR0 打点0 盗塁0

宇佐見 真吾(骨折)

ギャレット(骨折)

主に、1軍昇格をかけたメンバーをまとめてみた。

藤村 大介・巨人の起爆剤になるか?

ドラ1の吉川尚は2軍の壁に悩まされている。

片岡選手も打率もさることながら盗塁0とかつてのスピードスターは

どうなったんだと感じてしまう成績。

そんな中、2011年の盗塁王ことスピードスター藤村 大介

鈴木選手が引退した今、鈴木2世の座を重信選手に奪われている

守備の違いがあれど、走力に大差はない

問題は打撃力。重信選手も伸び悩んでいるだけにチャンスは十分あるのだが

藤村選手はもう27才。

結果を残さないとそうそうチャンスは巡ってこない環境へ差し掛かっている

ドラフトは面白いもので、新加入選手にはある程度チャンスが

与えられる。とくに上位選手ほど優先度と

チャンスの期間は長くなるのだ。

それは、獲得した大学へドラフトで指名したのに使わないのか?

と思われれば、その大学とのパイプや信頼が無くなってしまうからだ

ドラフトは毎年行われ、毎年新人選手が入ってくる

そこで、ドラフト入団選手は年数がたつにつれて

同じ位の実力なら年々優先度とチャンスは少なくなり

新人選手のチャンスが増えてくるというわけだ。

藤村選手もそろそろ結果でアピールしないといけない年齢に差し掛かってきたのだが

ブルージェイズなどメジャーで5年間プレーした川崎選手の活躍を見て

スピードは世界に通用する。と、今季は意気込んでいる。

そして、武器は足しかないと

生き残りに活路を見出し結果を残しアピールしている

現在イースタンでは打率333、出塁率436と

次の1軍メンバーとの入れ替わりの筆頭候補

もしかすると、重信の打率が伸びず

常時スタメンで足を生かせない巨人は

走力という重信と同じ武器を持っている

セカンド藤村 大介という起爆剤に期待し

近いうちに1軍のマウンドでかつてのスピードスター

藤村 大介が見れるかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする