中日のゲレーロ退団か!年俸5.5億の複数年要求で決裂?阪神は撤退

中日のゲレーロ選手の動向に注目されているが、続々とそのゲレーロ選手についての情報が流れ始めている。

ゲレーロ選手の去就については、金銭、マネー優先と外国人らしいビジネスファーストの姿勢を打ち出していたがゲレーロ選手が要求しているという契約内容も判明してきた。

基本はドラゴンズだが誠意はお金、同じ金額ならドラゴンズを選ぶとドラゴンズ愛を強調しており、後は中日の対応次第だが現段階での中日はマネーゲームには応じない姿勢を見せており流出は決定的と思われるが、その中日は最終決断は12月、他球団の動向を探りながらという姿勢をみせており、現段階では3億3000万円を提示していると言われゲレーロ選手側は3年契約以上の年俸は5億5000万円+出来高を希望しているという。

ゲレーロ選手の今季成績。

2割7分9厘 35本塁打 86打点

スポンサーリンク

ゲレーロ・年俸5.5億の複数年を希望

ゲレーロ選手の本塁打王のタイトルは決定的で来日1年目でのタイトル獲得の実績は来年のさらなる飛躍も期待できるがそれでもまだ1年の実績だ。

2年連続の活躍ならまだ分かるがいきなりの5億5000万円は少し高いか。

マネーゲームはしないと言ってはいるものの、ゲレーロ選手の流出は痛手だ。現在の日本プロ野球の外国人の最高年俸は5億円。推定年俸なので実際には分からないが、表向きには5億円だ。

かりに中日側が4億位までの上澄み、そこでゲレーロ選手が残ってくれれば良いのだが、ゲレーロ選手の獲得に動いていた阪神は、球団は言えないがとんでもない金額を提示している球団が2球団いる、太刀打ちできないと撤退宣言の情報も出てきており、すでに水面下では5億円以上の争奪戦になっていることは予想される。

さすがに、ドラゴンズも、いやドラゴンズ以外のほとんどの球団は、5億円は法外な金額で1年活躍した選手に出せる金額では無いだろう。

そこで移籍先の候補として上がるのが巨人とソフトバンクだ。

ゲレーロ争奪戦は巨人とソフトバンクの一騎打ちか

ソフトバンクの名前が挙がっていないが、ホークスを含め他の複数球団がゲレーロ獲得に水面下で動いていることは予想される。

阪神が早々とマネーゲームから撤退したとの情報もあり、残りの高額年俸を提示できる球団は限られてくると思われるがオリックスは高額年俸で今季の助っ人選手と早々と契約を済ませており、楽天も現在のクルーズ選手以外の外国人は残留の見通し、ソフトバンクもデスパイネ率いる外国人枠が圧迫しており獲得しても何処で使うのかという現状だ。

となると、枠もポジションも空いている巨人の獲得の可能性が一番高いように感じるがはたしてゲレーロ選手の来季は巨人でプレーしているのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする