阪神・2017ドラフト指名予想・タイガース編~獲得候補一覧

9月22日更新:

阪神タイガースが狙うドラフト候補は?2017プロ野球ドラフト会議・最新情報

2017年ドラフト会議の1位指名候補は、清宮幸太郎内野手(18)がプロ入りを表明したことにより、阪神の四藤慶一郎球団社長が、清宮幸太郎内野手の今秋ドラフトでの1位指名、12球団最速での獲得表明を明言

これで阪神タイガースは、3年連続の野手の1位指名、清宮幸太郎内野手の1位指名へ。

また、社会人野球の日本選手権の結果次第では外れ1位や2位候補の入れ替わりがあるかもしれない。

スポンサーリンク

阪神タイガース・ドラフト最新予想2017

9.22 現在 中間予想:阪神・ドラフト上位候補

指名候補 1位or外れ1位 2位 3位
阪神   石田 光宏
清宮幸太郎 宮本 丈 桜井 周斗
外れ1位 近藤 弘樹 前野 幹博
中村 奨成 鍬原 拓也 岸田 行倫
田嶋 大樹 村上宗隆 岡田 和馬
鈴木 博志 斉藤 大将 3位以下
西村 天裕 高橋 遥人 金久保 優斗
馬場 皐輔 馬場 皐輔 藤谷 勇介
東 克樹 推野 新 
鍬原 拓也 太田 英毅
高橋 遥人 山本 拓実
斉藤 大将 山上 信吾

阪神ドラフト会議・シュミレーション

9月22日 現在予想:

阪神ドラフト中間シュミレーション

  阪神ドラフト会議 中間シュミレーション
1位入札 清宮幸太郎・田嶋 大樹・西村 天裕・中村 奨成
外れ1位 中村 奨成・西村 天裕・高橋遥人・斎藤 大将
馬場 皐輔・鍬原 拓也
2位  宮本丈・村上宗隆・鍬原 拓也・斉藤 大将
馬場 皐輔
3位 岸田行倫・前野幹博・桜井周斗・ 岡田 和馬
石田 光宏
4位以下  岡田 和馬・前野幹博・岸田行倫・金久保 優斗
太田 英毅・推野 新・山本 拓実・山上 信吾

阪神・ドラフト最新情報2017

阪神タイガース・上位指名候補一覧

赤文字は阪神の評価が高い選手です。

  阪神・上位指名候補
左投手 田嶋 大樹 高橋 遥人 佐藤隼輔(進学確定)
桜井 周斗 岡田 和馬 金成 麗生 (社会人)
東 克樹 斎藤 大将
右投手 西村 天裕 鈴木博志 徳山 壮磨(進学)
鍬原 拓也 近藤 弘樹  藤谷 勇介
草場 亮太 金久保 優斗  馬場 皐輔
石田 光宏  推野 新  金久保 優斗
山本 拓実 山上 信吾
内野手 宮本 丈 前野 幹博 安田 尚憲
 太田 英毅
外野手 増田  珠 神野太樹(進学濃厚)
岡田 悠希 (進学)
捕手 村上 宗隆 中村 奨成 古賀 悠斗 (進学)
岸田 行倫  篠原 翔太 (進学) 

阪神・スカウト最新情報

9.22 デイリー

阪神の四藤慶一郎球団社長が、清宮幸太郎内野手の今秋ドラフトでの1位指名を、12球団最速での獲得表明を明言した。

9.22 スポニチ

清宮について、あれだけ飛距離を出せる選手はいない。良い選手。

9/22 サンスポ

清宮についてはノーコメントです。しかし1位指名の方針を固めている。また、外れ1位に、鍬原 拓也・高橋 遥人・高橋 遥人をマークしている。

9.12 日刊

清宮に次ぐ補強ポイントに、優先は先発だが二遊間を守れる内野手の獲得が急浮上、その上位指名候補に宮本 丈を挙げた。

9.12 デイリースポーツ

清宮幸太郎内野手がプロ入り志望届を提出すれば、ドラフト1位指名する方針がわかった。また、課題の左腕投手に、田嶋 大樹、斎藤 大将、高橋 遥人を候補に挙げた。

8.26 サンスポ

阪神は25日、四藤慶一郎球団社長、高野栄一球団本部長、金本知憲監督らが出席し、拡大編成会議が行われ、清宮選手の最新情報の現状の報告、広陵の中村捕手についての会議が行われた模様。また、FAでの日本ハムの中田選手についての話し合いも行われた模様。

8.15 sanspo

畑山チーフスカウトが、中村 奨成を走攻守揃った捕手と評価。また、捕手は補強ポイントの一つ、ドラ1の12人に入るだろうと評価した。また、村上宗隆捕手など打てる捕手に注目すると評価した。

6.13 スポニチ

清宮君が大学に進学した場合は、田嶋、西村、鈴木投手の即戦力候補にターゲットを変更することが分かった。

7.16 葛西スカウト

佐藤 隼輔投手をフォームバランスが良く、全国でトップクラス、タイプ的には能見と評価。(進学決定)

阪神・ドラフト展望2017

阪神の3年連続の1位野手指名は無い?と予想し、1位は即戦力の投手を狙い、2位で宮本 丈を将来のポスト鳥谷として獲得したい。

ただ、清宮君がドラフトに参加した場合は例外で野手の、清宮の1位指名が筆頭候補ではないだろうか

また、阪神がマークしていた古賀捕手の大学進学が決定的となったため、阪神の捕手指名候補も変わってきそうだ。

今季の阪神ドラフトのポイントは左腕、サード、高校生捕手がポイントと予想していますが、優先順位は左腕or即戦力投手とサードだと予想するが、宮本を逃せば2位も即戦力投手に変更か。4位以下は地元選手や藤谷 勇介選手、左腕の岡田 和馬を狙ってきそうだ。

セリーグ・パリーグのドラフト予想はこちらへ

セリーグ・2017ドラフト指名予想~獲得候補選手一覧
9月23日更新: 2017年プロ野球ドラフト会議:上位名予候補「セリーグ編」 ※セントラルリーグ各球団の1位~3位までに獲得した...
パリーグ・2017ドラフト指名予想~獲得候補選手一覧
9月22日更新: 2017年プロ野球ドラフト指名予想「パリーグ編」 ※パシフィック・リーグ各球団の1位~3位までに獲得したい選手...
阪神・ドラフト注目選手ピックアップ

山本 拓実(市西宮)

地元兵庫の最速148キロ右腕、167cmと小柄ながら関西No1投手との呼び声が高く、日本ハムはうちの谷元みたいだと他球団から重複が予想される下位指名候補だが、阪神は地元兵庫枠としてぜひとも獲得したい選手だ。

岸田行倫(大阪ガス)

社会人No1捕手との呼び声が高い岸田を同世代と勝負出来るなら強く推薦したい、という地元の兵庫出身の岸田の4位前後での指名の可能性も。

清宮幸太郎内野手(18)

高校通算最多111本塁打の今秋No1スラッガー、清宮選手も阪神ファンという噂もあり相思相愛だが清宮君の進路が気になるところだ。

田嶋 大樹(20)

社会人のみならず今秋No1左腕の評価が高い最速152キロの左腕。左右関係なく今秋の投手としても評価が高い。

西村 天裕(24)

最速154キロ右腕の西村は抑えの適性も十分だ。首都大学野球2014年秋の最優秀投手で奪三振能力も高く即戦力の右腕、田嶋の重複を回避し西村狙いも予想される。

鈴木博志(20)

最速155キロ右腕の鈴木は持っているエンジンが違う。150キロを連発する守護神だがマテオ・ドリス・に続く救援投手として獲得を狙う可能性も。

草場 亮太投手(4年)

最速152キロ右腕の草場は2位には残っているかいないかという評価だろうか、上位候補が残っていなければ、そして2位に残っていれば獲得する可能性も。

近藤弘樹投手(24)

最速151キロ右腕の近藤投手は150キロを超すストレートと100キロ台のチェンジアップが武器で緩急を操る。阪神も真っすぐに力があり150キロを超えるのは魅力とマークしているが、2位で鍬原 拓也か、この近藤投手を獲得できれば3位は野手を狙いやすくなるだろう。

笠松 悠哉内野手(21)

181cm85kg、高校通算は19発(甲子園3発)の三塁手。つぼにはまった時の長打力は魅力でサードの世代交代に備えたい阪神は3位で獲得を狙うのではないだろうか。素材は金本監督のタイプだろう。

宮本 丈(奈良大4年)

大学No1野手の呼び声が高い俊足巧打の安打製造機、中距離砲の内野手(サード・遊撃・二)で巨人が吉川や重信を獲得したが、宮本は181cmと体格も良く個人的にはその2人よりも打つのではと予想している。阪神も高く評価しており、もしも3位で獲得できればラッキーか。ドラフトの展開次第では繰り上がり2位指名の可能性もあるのではないだろうか。

高橋 遥人(亜細亜大)

プロが腕の振りを絶賛する最速151キロ左腕、コントロールが課題だったが、阪神スカウトは最近ではまとまってきたと評しており高い奪三振率と腕の出どころが見えにくいフォームは魅力的、3位に残っていれば獲得を狙うか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする