広島カープ育成1位!岡林飛翔(つばさ)菰野高の成績と評価は

全国の有望な高校生の中から3名の選手をピックアップしていましたが、その中で、2017年ドラフト会議、広島カープから育成1位で岡林飛翔投手が指名されました。

当時、世代最速の151キロを叩きだしていた将来のエース候補、育成枠での指名でしたが岡林投手のポテンシャルは高く将来の化ける選手の筆頭候補となるかもしれない。

また、今年のドラフトを見直すと岡林飛翔が育成での指名という事に驚きですが、その岡林飛翔投手はどんな投手なのだろうか?

スポンサーリンク

カープ育成1位の岡林飛翔

岡林飛翔(おかばやしつばさ)

三重県立菰野高等学校の超高校生級投手

作秋に高校生最速となる151キロをマークした右腕、182cm85キロの恵まれた身体から繰り出される速球は好調時には押し込む球威があるが、投げてみないとわからないという球速、コントロール、球質と不安定さも持ち合わせている。

作秋に150キロを超え周りの目も変わった右腕はその後は自分を見失ってしまったのか、球速などに伸び悩み打ちこまれる試合もあるが、それでも高校生でMAX151キロは魅力。伸びしろは十分でドラフトでの指名に期待がかかる。

ドラフト後追記:

やはり、コントロールが育成契約という部分となったのでしょうか。そこを育成するという事で広島が育成1位で獲得したということでしょう。

田中瑛斗

大分県柳ヶ浦高校の超高校生級投手

184cm70キロの恵まれたからだから繰り出される球速はMAX147キロの右腕、変化球は縦と横のスライダー、チェンジアップ、カーブ。

公式戦初登板は2年春の県大会2回戦では最速143キロをマークし、2年秋の新チームではエースの座を獲得し140キロ台の直球を武器に8強まで勝ち上がったが、準々決勝で敗退したプロ注目の県NO1右腕に注目だ。

本田仁海

神奈川県で最も注目を浴びている星槎国際湘南の今秋ドラフト候補の最速146キロ右腕・本田仁海。

春季高校野球神奈川大会3回戦の川和戦で7回2安打無失点6奪三振と好投しチームは5―2で勝利し16強入り。

創部7年目で初の夏の神奈川大会のシードをつかんだ今注目のドラフト候補右腕だ。この大会では最速143キロだったが素材は良く高校の土屋監督はこれから149キロは出るようになるのではと分析している。

決め球はアウトローに決まるストレートで、変化球は楽天の松井投手を参考にしており、縦のスライダーと横のスライダー、そして緩急を使えるカーブを持っており、コントロールが良いピッチャーで低めに決まる制球力が持ち味。

甲子園は東海大相模を倒さないと行けないが、スカウト陣はコントロールの良さと打たせて取る低めへ投げる投球を、巨人岡崎スカウト部長は投げ方が良い、これからマークしていく。

他球団の視察したスカウトは、雰囲気を持っている、テイクバックが安定してくればもっと伸びてくる、ドラフト対象レベルに達している。

また、身体の使い方がうまい、身体全体のバランスがよくなれば今後はもっと伸びてくる、などの上々の評価を得ており、現在ではドラフト下位指名が予想されるが、甲子園や予選次第では評価も上がるかもしれない逸材だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする