巨人のドラフト1位鍬原2位岸田3位大城の評価と採点、来季展望を分析

読売ジャイアンツの2017年ドラフト獲得選手が決定しました。1位獲得選手は鍬原 拓也右腕、2位は岸田捕手、3位も大城捕手。

少し偏った偏向ドラフトに感じますがそこは素人の考えなのでしょうか。

そこで、今年の巨人のドラフト結果と事実を踏まえて前向きにポジティブに、今季の獲得選手から巨人の来季の展望を考えてみた。

また、個人的には外れ外れ1位を考えると、4位で冒険してくれれば結果的に大成功だったドラフトに感じますが、4位で高校生の本田海や清水達也など高校生の有望選手が残っていただけに、北村選手も良い選手ですが4位で将来豊かな将来の守護神候補で清水とか、将来のエース候補に本田海斗投手に行けなかったのかな、と疑問が残り、スラッガー枠でもう一人4位で独立リーグのブルーサンダーズの田中などの獲得に行って欲しかったと感じたドラフトだった。桜井外野手兼投手や西浦外野手も4位で獲得出来ていただけに4位は内野手以外でも良かったのでは?と感じてしまいますがそこは素人とプロの考えは違うのでしょう。

スポンサーリンク

鍬原拓也の評価は

ドラフトは外れ選手や外れの外れ選手が活躍したりすることも事実だ。そのことを踏まえて鍬原投手は、プロのスカウト達の評価は1位指名では無く外れ1位の評価だった。

理由は、これまでの鍬原の大学の成績から考えるとコントロールと防御率。大学ではどちらかというと防御率や四死球率が良い方では無い。しかし、投球回数=奪三振と、狙って三振が取れ最速は152キロとスピードも出ることから外れ1位の評価となったとは思いますが、鍬原の恩師は、この鍬原は抑え向きという。

先発では完投を考え投げるとスピードを抑えながら投げるが、もしも1回を任せて投げさせれば157,8キロは出る闘志は強いがクレバーな投手と分析している。

そして、狙って三振を取れる投手は抑えや救援向きだ。特にシンカーはクワボールと名付けられるほど切れ奪三振を量産しているボールだ。(クワボール・・サクラドロップを思い出す・・)

もしも巨人が将来の抑え候補として、6,7.8回を任せることが出来ることを想定して獲得していたとすれば巨人のウイークポイントである崩壊中の中継ぎや救援投手の獲得で意図はある補強に感じる。

それなら何故鈴木博に行かないのか?という話になれば、プロの評価は違うらしい。何故、157キロ出るのに鈴木博にいかないのか?と考えると、プロの評価は速度は出るが変化球がいまいち、ボールが浮くこともありむらがあるらしいという評価らしいいのだが、しかし今回の投手の当たりは鈴木博、田嶋と言うスカウトもいるのは事実だが、巨人が1位2位を外せば選択肢は狭まり、残った投手の自軍の評価が高かった鍬原を選んだということだろう。

鍬原に縁があった巨人だが、先発右腕も不足しており、救援投手も不足していることは事実で、鍬原がどちらかにハマってくれると、またはその期待を考えると来季の巨人の展望的にはジャストフィットの補強だったのではないでしょうか。

2位岸田3位大城の評価は

岸田捕手は社会人No1捕手で21才、総合力では今年のドラフトNo1捕手でリードや守備、そして鉄砲肩とNo1の評価。打てる捕手を求めると村上や中村には劣るが、もしも率をのこせるようだと古田2世の呼び声が高い捕手。

宇佐見の守備や正確な二塁送球を考えると、ファーストコンバートは岸田捕手の獲得で濃厚、来季の1軍の正捕手争いは小林と岸田になっていくかもしれない。

そして岸田はリードと肩には定評があり本塁打ではなくヒットが打てるようだともしかすれば小林をいよいよ脅かす存在となり12球団一の捕手陣が完成するかもしれない。

また、大城は大型の左の打てるスラッガーの捕手候補。プロの2軍戦でも本塁打を連発しており、左の長距離砲捕手、そこが巨人が3位で獲得した決め手となったと感じますがコンバートの可能性も示唆しており、宇佐見か大城のどちらかのコンバートは確実となりそうですが、1軍捕手が小林しかいなかった現実を考えると2,3位の捕手の獲得は個人的には1人でも良いと感じますが宇佐見コンバートを考えると的は得ている。

宇佐見をファーストにコンバートすれば小林と岸田だけとなり1軍捕手3人体制を考えると、大城も捕手という保険もありながら左のスラッガーで獲得したとすれば理にはかなっている。3位で獲得出来る長距離砲候補で巨人は大城を選んだということだ。

4位以下指名選手評価は

また、内野手4人指名の偏向に感じる指名は、外野から内野転向は厳しいが、内野から外野の転向は良くあることでそれあり気の指名だったことは明らかだろう。

また、今年の巨人はほとんどの選手が180cm以上の体格もでかいスピードのある選手だったことは、過去の駿足好打の小型選手の獲得からの方向転換のドラフトになったのではないでしょうか。

出来れば4位は内野手ではなくても良かったのではと感じますが、獲得したからにはその選手を応援するのが私のスタイル。

特に巨人ファンは5位指名の田中俊太内野手の活躍を期待しているのではないでしょうか。セカンドは吉川や山本がいるが5年後の30才以下の有力な内野手は、吉川尚、山本、辻、岡本となり、岡本が外野を守っているかもしれないが、田中俊太選手はジャイアンツの核弾頭、1番吉川、2番田中俊太という打順を考えるとわくわくしてきますね。

また、4位の北村 拓己と6位の若林 晃弘は三拍子揃った大型内野手、坂本2世の枠に入ってこれるかに期待したい。

7位の村上は大田泰示と並ぶ超大型野手のロマン砲外野手、189cmの恵まれた体格と中堅を守り、遠投110mの50m5.8秒はまさに大田二世。もと投手というだけに本人は糸井に憧れているが7位指名の村上が化けると面白い。

そして、最後の湯浅 大は機動力破壊の申し子、過去の成績は67試合で68盗塁を決めるなど、走塁の上手さと足の速さに定評があり、守備はプロでも1軍レベルと評価が高い内野手、もしかすると重信を超える可能性も秘めており第二の重信枠に滑り込むのかにも注目したい。

これらを前向きにポジティブに考えると、今回の巨人の獲得選手はそんなに悲観することはないかも?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする