巨人・2017ドラフト指名予想・読売ジャイアンツ編~獲得候補一覧

読売ジャイアンツの2017年今秋ドラフトでの獲得候補選手を予想してみた。注目の筆頭候補は早実・清宮幸太郎内野手(18)だが、プロ入りは五分五分か、いや9割進学かという確率だろうか。

そこで清宮幸太郎内野手以外で読売巨人軍が狙っている選手達は一体どんな選手達がいるのだろうかを予想してみた。

スポンサーリンク

読売ジャイアンツが狙う2017ドラフト指名獲得選手予想

巨人上位指名候補一覧

投手 左:田嶋 大樹 宮台 康平 斎藤 大将 川端 健斗 山下輝

投手 右:鈴木 博志 草場 亮太 本田仁海 近藤 弘樹 鍬原 拓也 石田 光宏 阪口皓亮 徳山壮磨

外野手:増田 珠 桜井 周斗 岩見 雅紀 西浦颯大 神野太樹

内野手:安田 尚憲 笠松 悠哉 宮本 丈 藤岡 裕大 比嘉賢伸 西巻賢二 三村鷹人

捕手:村上 宗隆 中村 奨成 古賀 悠斗

巨人2017ドラフト展望

※清宮選手は進学と予想しています。

1位指名:田嶋 大樹or安田 尚憲or鈴木 博志or増田 珠

外れ1位→増田 珠or鈴木 博志

外れ外れ1位→増田 珠or草場 亮太or鈴木 博志or中村奨成

現段階では左腕の即戦力である田嶋(左腕)が濃厚だろうか。しかし打者の世代交代が進んでいない巨人の今年のドラフトは大卒投手と大卒野手の上位指名の方針からの転換期であり、今年は野手中心のドラフトとなり安田尚憲(サード)選手や増田外野手の1位指名の可能性も捨てきれない。

そこで、現在の巨人軍の状況を考えると先発も欲しいが特に立て直すためには打者の数年先を見越してのドラフトでの獲得をしていなければ暗黒期から抜け出す兆しが見られないことから、今年のドラフトは野手中心と予想する。

1位は安田選手や増田選手を狙い、外せばもう1つの巨人の問題でもある中継ぎ崩壊の為に、6,7回を任せることが出来る、もしくは守護神候補として鈴木投手の獲得もあるのではと予想する。

または後ろを固めれば優勝が近くなると判断すれば、鈴木博志投手の1本釣りを狙う可能性も捨てきれない。

そして、マシソンが来季はメジャー濃厚でカミネロも押さえよりは6,7回辺りを任せたい。

沢村も復活する確証はなく2年連続の低迷の原因が中継ぎと判断すれば、鈴木 博志投手の1位指名の可能性も高くなるだろう。

そして2,3,4位で野手の指名もあるかもしれないと予想する。その場合は中村 奨成捕手や古賀悠斗捕手、増田 珠外野手辺りが残っていれば狙ってくると予想。

また、安田選手は外れ1位では残っていないと予想し、野手を優先すれば巨人の1位は安田が筆頭、後は各球団次第でもあるが2位で増田が獲得出来れば狙うのでは?と予想する。

また、増田外野手を外した場合や、獲得を狙わなかった場合には、3位で西浦颯大、桜井 周斗や岩見 雅紀辺りが残って入れば狙っていくのではないだろうか。

また、今秋の捕手は良い逸材が多く3位以下で余っている中から捕手を1名獲得するのではないだろうかと予想する。

現段階では、3位に、4位では取れない捕手が残っていれば獲得に動くのではと予想するが、今秋のドラフトは野手の育成不足の巨人は1位~4位までの2~3人は野手を狙う可能性もあると予想する。

また、鈴木 博志投手を獲得しリリーバーor守護神に収まってくれると一気に巨人の近年の課題である中継ぎ問題、6,7回の絶対的リリーバーが誕生し、左右こそ違えどポスト山口鉄問題が解決する。

この鈴木投手を2位で獲得出来れば面白いが外れ1位以内に消えてしまうであろうことから、安田や増田の野手にいくか田嶋に行くのか、鈴木を狙うのかは気になるとことだが

巨人の今秋ドラフトのポイントは、鈴木 博志or安田 尚憲or増田 珠選手の守護神か未来のスラッガーのどちらを巨人が優先してくるかがポイントになってきそうだ。

また、小林2世の広陵、中村捕手が甲子園の1回戦で2発、そのうち1発は右方向へとなる広角に本塁打を放ち、打てる捕手育成が急務な巨人の中村奨成捕手の2位指名の可能性も出てきたかもしれない。

巨人2017ドラフト上位指名予想

パターンA

1位:安田 尚憲 → 2位:中村 奨成or草場 亮太or石田 光宏or近藤 弘樹 → 3位:中村 奨成or西浦颯大or桜井 周斗or岩見 雅紀 → 4位:投手

パターンB

1位:鈴木 博志 → 2位:中村 奨成or藤岡 裕大or宮本 丈→ 3位:西浦颯大or桜井 周斗or岩見 雅紀 → 4位:高校生投手

パターンC

1位:増田 珠 → 2位:中村 奨成or草場 亮太or石田 光宏or近藤 弘樹→ 3位:古賀 悠斗or笠松 悠哉or投手

パターンD

1位: 田嶋 大樹→ 2位:中村 奨成→3位:桜井 周斗or岩見 雅紀or西浦颯大

読売巨人軍の2017ドラフトは野手中心のこの4パターンと予想する。

※確実に捕手、外野手、即戦力投手を1,2,3位でバランス良く獲得を狙えば

1位or外れ1位:中村 奨成 → 2位:近藤or草場or鍬原 → 3位:西浦 颯大or岩見 雅紀or桜井 周斗 → 4位:投手

も、あるのではないかと予想する。

巨人の1位候補は増田選手や安田選手に、そして外れ1位で中村を、しかしどうしても打てる捕手を優先すれば中村の単独1位指名、そして2位に即戦力投手、3位でもう1人のマークしている外野手の鹿取GMの教え子である西浦を狙い、4位で中継ぎ候補の投手を獲得出来れば、全て巨人のウイークポイントが獲得出来、意味のある100点満点のドラフトになるかもれない。

※8月17日追加

甲子園で3発目を放った中村 奨成の各球団スカウトの評価が爆上げ中で城島二世、と言われており打てる捕手が課題の巨人の1指名に中村の目が出てきたかもしれない。

高校生、社会人を含めNo1捕手の評価をしているスカウトは甲子園に出場している選手でドラ1候補は中村だけとの声も聞こえ、その中村は10年,20年に1人の逸材かもしれず巨人の1位指名の確率は50%以上だろうか。

読売ジャイアンツドラフト:中間予想

指名候補 1位       2位 3位
巨人 増田 珠
安田 尚憲
近藤 弘樹
草場 亮太  中村 奨成
鍬原 拓也
 中村 奨成
近藤 弘樹
 草場 亮太
 川端 健斗   増田 珠
   岩見 雅紀
   西浦 颯大
   斉藤 大将
   桜井 周斗
    3位以下
   西巻 賢二
   三村 鷹人
   神野 太樹
   徳山 壮磨
   阪口 皓亮

巨人ドラフト情報~

8/15 報知→岡崎スカウト部長、甲子園で一番目立ったのは広陵の中村奨成、1位の12人に入る可能性は沢山ある。投手では北海の阪口皓亮をもうちょっと見たかった。右では、大阪桐蔭の徳山壮磨。左腕は木更津総合の山下輝と秀岳館の川端健斗も光っていたと評価。

増田珠外野手は1試合でどうこうの選手では無い。また、その他の目立った選手に、比嘉賢伸、西巻賢二、三村鷹人、神野太樹選手を上げている、

8/15サンスポ→岡崎スカウト部長、中村 奨成君をドラフト1位の12人と最高評価。

8/9スポーツ報知より→鹿取GM甲子園を視察。鹿取GMのU15時代の教え子である西浦颯大増田 珠選手について代表経験が少なからず繋がっていると思うとコメント。

8/1スポーツ報知より→西浦颯大増田 珠選手は外野手としてトップクラス。清宮、安田、増田はドラフト1位でおかしくない。

8/12日刊スポーツより→(巨人・岡崎スカウト部長)中村君について(小林2世)肩は強いし足は早い、バッティングも良い、捕手ではトップ、1位で消える可能性もある。

2017年ドラフト読売巨人軍上位指名候補ピックアップ

清宮幸太郎内野手(18)

7月17日現在、高校通算105号を打っている今秋ドラフトの高校生&社会人の総合No1、もしもプロ入りを表明すれば8~10球団前後は1位指名するのではないだろうか。しかし、早大に進学すると予想する。

田嶋 大樹投手(20)

身長182cm体重77キロの社会人No1左腕の評価が高い最速152キロの左腕。読売ジャイアンツの現段階ではあるが1位候補と予想する。

草場 亮太投手(4年)

183cm75キロの最速152キロ右腕、巨人は草場を高く評価しており現段階ではあるがドラフト外れ1位候補、もしも1指名で他に行き2位で残っていれば獲得の可能性が高いと予想する。

近藤弘樹投手(24才)

179cm78キロの最速151キロ右腕の近藤も巨人は高く評価しており、今後の展開次第、また抽選の各球団の指名先週次第と巨人軍の抽選順や他球団の評価次第では外れ1位、もしくは2位指名も予想されるが、もしも2位で野手を取り3位で近藤が残っていれば必ずとっておきたい選手だ。

鍬原 拓也投手(21)

175cm78キロの最速152キロ右腕、シンカーが武器でほぼ投球回=奪三振と高い奪三振能力も武器だがコントロールが課題か。コントロールの改善が見られなければ3位以下の獲得候補か。

古賀悠斗捕手(18)

今大会No1捕手の呼び声が高い強肩強打&好リードの三拍子揃った古賀悠斗を2位で投手をとったなら3位で取るのではないかと予想する。もしも2位以内で安田や増田野手を取れなければその確率もグッと高くなるのではないだろうか。村上捕手も期待だが外れ1位、もしくは2位以内で消えると予想され、巨人は1位と2位を即戦力で固めればこの古賀の存在が面白い。

増田 珠外野手(18)

清宮と安田に隠れた好バッター、ドラフトは案外こういう選手が活躍したりするもので巨人としては野手も育成しないとならず、1位で田嶋や草場などを取れた場合はもしかすると2位、もしくは外れ1位で指名してもおかしくはない逸材だ。なにより公式戦で1年前後三振がないという選球眼が特徴でパワーも特大級、外れ1位で消えてしまうと予想されることからもしも田嶋を取り逃せば外れ1位で狙う可能性もあるのではないだろうか。

※安田内野手や増田外野手、鈴木投手や西村投手は外れ1位では残っていないと予想しています

記者A
左腕が田口君しかいないのが現状ですからね~
89オンライン編集長
うむ、安田内野手(サード)に行って欲しい気もするが即戦力左腕が濃厚かのぉ
解説A
3位以内に中村捕手や村上捕手か古賀捕手のどちらかが残っていれば狙いそうですね~
89オンライン編集長
わしも君を狙っているんじゃがのぉ
解説A
・・・

※2017年ドラフト候補選手一覧記事がTOPページ下部にあります。

※最新情報が入り次第、随時更新していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする