巨人・ドラフト指名予想2017・読売ジャイアンツ編~獲得候補一覧

10月18日更新:

2017プロ野球ドラフト会議・最新情報読売ジャイアンツが狙うドラフト候補は?

読売ジャイアンツの2017年今秋ドラフトでの獲得候補選手を予想してみました。注目の筆頭候補は早実・清宮幸太郎内野手(18)。

清宮君のドラフト参戦が決定となり、巨人の今秋ドラフト1位は一体どうなるのだろうか?

あくまでも現段階ではありますが、清宮幸太郎、中村 奨成、田嶋 大樹、東 克樹、鈴木博志、安田 尚憲、近藤 弘樹、鈴木 康平の8人が、外れ1位、外れ外れ1位を含めて今秋の巨人のドラフト1位指名の獲得候補なり、この中から1位指名者が出てくると思われます。

また、9月22日に巨人は清宮1本化へ、という情報も出ましたが、ポスティングを認めていない巨人は、清宮家との間で行われた個別面談次第での手ごたえ次第では撤退の可能性も秘めており、清宮も12球団OKとは明言せず、自分を成長させてくれる球団に、と言葉を濁したことからあくまでも現段階では、巨人は清宮を1位指名したいというスタンスのように感じる。

巨人のオーナーが表明するまで、報知が大々的に報道するまでは、巨人の清宮君の1位指名の可能性は薄いかもしれない。

また、現段階での噂ですが、面談に参加した球団との間で情報交換をしている、そこで手ごたえのある球団と無かった球団が予想されており、巨人のポスティング反対派という部分が非常に気になるところだ。

また、増田外野手は木製に苦しめられている印象で、巨人の1,2位指名の可能性は低く、獲得出来るなら3位で、どうしても欲しい球団は2位で獲得という感じでしょうか。

また、U-18組の評価は、現段階では清水達也投手は、146キロを連発しフォークのウイニングショットを持つ清水の評価は高く、巨人を含めドラフトでは2,3位指名もあるのではと予想します。

変化球投手の田浦は、アメリカのボールには最高にマッチしていましたが、あくまでも甲子園の投球を加味し予想すると3位前後が濃厚だと予想します。

現段階での巨人のドラフトは、清宮を回避し、安田or中村or東or鈴木博の1本釣り、または最小重複が予想されるドラフトへの方向転換も十分考えられるのではないでしょうか。

また、巨人の今年のドラフトの展望は、岡崎スカウト部長が今年は若干野手が多くなるかな、鹿取GMは下位で左腕中心とコメントしています。

スポンサーリンク

巨人・ドラフト最新予想2017

10.18 現在 中間予想:巨人・ドラフト上位候補

指名候補 1位or外れ1位 2位 3位
巨人  中村 奨成 岩見 雅紀
清宮幸太郎 近藤 弘樹 増田  珠
東 克樹 岩見 雅紀 永野 将司
鈴木 博志 桜井 周斗 清水 達也
安田 尚憲 近藤 弘樹 岡田 和馬
外れ1位 草場 亮太 桜井 周斗
近藤 弘樹 清水 達也 3位以下
草場 亮太 永野 将司 金久保 優斗
鈴木 康平 斉藤 大将 田浦 文丸
鈴木 博志 高橋 遥人 阪口 皓亮
東 克樹 石川 翔 永野 将司
安田 尚憲 村上 宗隆 西浦 颯大
知野 直人
推野 新
山本 拓実
牧 丈一郎
山上 信吾
比嘉 賢伸
村田 陽春
高木  渉

12球団のドラフト予想はこちらへ

2017年ドラフト1位指名予想・各球団の獲得候補と注目選手は
10月21日更新: 2017年ドラフト会議でセリーグ・パリーグの12球団が狙う候補選手は?高校生・社会人・大学生のすべての中から誰が1...

巨人ドラフト会議・シュミレーション

10月18日 現在予想:中間シュミレーション

中間指名予想!

1位:清宮or安田or東or中村or鈴木博 → 2位:桜井周or永野or村上 → 3位:岡田和or永野or阪口

4位5位6位:西浦or田中燿飛or阪口→ 6,7位:稲富,知野,折下

  巨人ドラフト会議 中間シュミレーション
1位入札 清宮幸太郎東 克樹安田 尚憲・中村 奨成・鈴木博志
外れ1位 鈴木康平安田 尚憲・近藤弘樹・  鈴木 博志
東 克樹
2位  鈴木康平・岩見 雅紀・近藤弘樹・斎藤 大将
増田 珠・桜井 周斗村上 宗隆永野 将司
3位 増田珠清水 達也永野 将司桜井 周斗
岩見 雅紀・岡田 和馬
4位以下  永野 将司阪口 皓亮・田浦文丸・西浦 颯大
岡田 和馬知野 直人・推野 新・金久保 優斗
山本 拓実・牧 丈一郎・山上 信吾・ 高木 渉村田 陽春・折下光輝・田中 燿飛・稲富 宏樹

巨人・ドラフト最新情報2017

巨人・上位指名候補一覧

赤字は巨人の評価が高い選手です。

  巨人・上位指名候補
左投手 田嶋 大樹 宮台 康平 川端 健斗(進学)
斎藤 大将 東 克樹 山下 輝(進学)
永野 将司 高橋 遥人 金成 麗生 (社会人)
田浦 文丸 岡田 和馬
木場 涼佑 
右投手 鈴木 博志 鈴木 康平 草場 亮太
本田仁海 近藤 弘樹 鍬原 拓也
阪口 皓亮 清水 達也 徳山 壮磨(進学)
推野 新 山本 拓実  金久保 優斗 
牧 丈一郎 山上 信吾 石川 翔
村田 陽春   嘉陽 宗一郎
内野手 安田 尚憲 笠松 悠哉 山崎 剛
清宮幸太郎 前野 幹博 比嘉 賢伸
西巻 賢二 三村 鷹人 知野 直人
折下光輝
外野手 増田 珠 桜井 周斗 神野太樹(進学濃厚)
西浦 颯大 岩見 雅紀 岡田 悠希 (進学)
 高木 渉 神野太樹 田中 燿飛
捕手 村上 宗隆 中村 奨成 古賀 悠斗 (進学)
稲富 宏樹

巨人・スカウト最新情報

10.13 スポニチ

関西独立リーグ・兵庫ブルーサンダーズ、田中 燿飛外野手の視察情報。

10.1 デイリー

巨人は、岡崎スカウト部長を含めた5名が清宮家への面談に出席、高く評価していることを伝え、施設の質問が有ったという。また、ポスティングについては評価を伝えるのが趣旨なので話題にしなかった。

9.30 スポニチ

首脳陣総出で清宮詣で。岡崎スカウト部長、鹿取GM、石井社長、副王氏の勢ぞろいで清宮との面談の可能性も。岡崎氏は何でも聞いて、何でも答えるとコメント。

9.29 報知

岡崎スカウト部長→ドラフトは野手が少し多くなるかな。

9.24 報知

新人テストが23日に行われ、投手2、捕手2、外野手3、内野手1の8名が通過。指名はドラフトの流れによって決める。

9.24 サンスポ

巨人のポスティング反対派の問題について、仮定の話だから何とも言えない。

9.22 日刊

巨人は早い段階から最上位の軸として清宮をマークしており、世代交代も急務な巨人は、清宮の1位指名に参戦する可能性は高い。

9.22 報知

巨人は、清宮をドラフト1位として一本化する方向で動き出しているようだ。また、競合は必至で、そのくじ引きを高橋由伸監督に託す方針で固まったようだ。長嶋さんが松井を引き当てたように、原氏が太田を当てたように、スターにはスターで、清宮には高橋が挑むようだ。

9.22 スポニチ

鹿取GM 7/30 コメント→(清宮)どのチームでも上位候補でしょう。岡崎スカウト部長 7/30→清宮はトップクラスであることは間違いない選手。

9/6 ゲンダイ 

左腕不足の巨人は下位指名で高校生左腕投手の乱獲を狙っているという。U-18で快投している田浦、また、秘密兵器として日大三の金成を投手として狙っているとの噂が。(金成レオ選手は進学へ)

9/4 日刊スポーツ

三井・野間口スカウトが、新潟アルビレックスの知野直人を視察。(遊撃・サード)

9/4 報知

岡崎スカウト部長が大学生では立命大の左腕・東克樹がNo1、ドラフトのAランク、1位指名候補リスト12名を明言した。

8/29 報知

ドラフト1位候補12名のAランクに、早実の清宮、広陵の中村、JR東日本の田嶋投手、日立の鈴木投手の4名のリスト入りを明言。

8/29 スポニチアネックス

巨人がドラフト1位候補に左腕田嶋投手をリストアップしたことがわかった。また、清宮、田嶋、中村捕手の3人を徹底マーク選手に指定した。

8/28

巨人がU-18にスカウトを緊急派遣することがわかった。中村、清宮選手らの状態を直接視察するためとみられる。

8/23 スポニチアネックス

中村奨成捕手が1位リストに入っていることを明かした。

8/15 報知

岡崎スカウト部長、甲子園で一番目立ったのは広陵の中村奨成、1位の12人に入る可能性は沢山ある。投手では北海の阪口皓亮をもうちょっと見たかった。右では、大阪桐蔭の徳山壮磨。左腕は木更津総合の山下輝と秀岳館の川端健斗も光っていたと評価。

増田珠外野手は1試合でどうこうの選手では無い。また、その他の目立った選手に、比嘉賢伸、西巻賢二、三村鷹人、神野太樹選手を上げている、

8/15サンスポ

岡崎スカウト部長、中村 奨成君をドラフト1位の12人と最高評価。

8/9スポーツ報知より

鹿取GM甲子園を視察。鹿取GMのU15時代の教え子である西浦颯大増田 珠選手について代表経験が少なからず繋がっていると思うとコメント。

8/1スポーツ報知より

西浦颯大増田 珠選手は外野手としてトップクラス。清宮、安田、増田はドラフト1位でおかしくない。

8/12日刊スポーツより

(巨人・岡崎スカウト部長)中村君について(小林2世)肩は強いし足は早い、バッティングも良い、捕手ではトップ、1位で消える可能性もある。

7/16 巨人スカウト

永野 将司を視察したスカウトは、うちのスピードガンで152キロを計測、左だし素材は良いねと評価。

巨人・ドラフト展望2017

現段階では巨人の1位指名は、早実の清宮幸太郎内野手と予想されていますが、単独指名を好んできた過去の巨人のドラフトを考えると、清宮のドラフト参戦で東やヤマハの鈴木、もう一人の大砲である安田の重複が少ないと予想される選手の単独指名の可能性も。

また、清宮君は例外でポスティングを認めるという噂もありますが、現段階では反対派の、ポスティングを認めていない巨人は、清宮の1位指名は今後の清宮家との個別面談での結果次第かもしれない。

ということから、大本営の報知新聞の巨人の清宮獲得の声が弱いことから、またドラフト直前に報知の清宮の1位指名の記事が出るまでは可能性は薄く、現段階ではギリギリまで、まだ絞りこんでいる段階だと予想されます。

今現在の巨人の今年のドラフトの1位指名は中村田嶋東、鈴木博志、安田、清宮の6択。

しかし、今年の巨人は野手獲得の年、1位は清宮か安田や中村になるのではないだろうか。

また、中村を回避した場合に下位で指名できる有力な捕手が皆進学や社会人入りしたため、捕手を1人獲得したいが有力な選手がいないことから、もしも巨人の2位で村上が残っていれば、守備は関係なく2位で指名するのかにも注目したい。

2位以下での投手の獲得は左腕投手中心のドラフトになると予想し、3位or4位で鹿取GMの教え子である増田か西浦の獲得を狙う可能性も。

また、巨人は春先から一番中村を見てきた球団で、甲子園でブレークする前からも特A候補でマークしており、本来なら巨人の秘密兵器として2位指名で獲得を狙っていたとの噂もあるが広島カープの1位指名が決まり、外れでも狙えないことから巨人は中村君の指名は見送る可能性も出てきたかもしれない。

また、巨人の補強ポイントである近年の問題の中継ぎ崩壊の為に、6,7回を任せることが出来る、もしくは守護神候補としてヤマハの鈴木投手の1位指名に乗り換えるのかにも注目したいが、外れ1位に残っていれば、もう一人の評価が高い近藤投手と並び筆頭候補になるかもしれない。

そして、左腕不足の巨人は下位での指名で左腕を乱獲するという噂が出てきていますが、また、鹿取GMが下位で左腕中心でとコメントしていましたが、筆者は3,4位前後で残っていれば、近大の岡田 和馬左腕やホンダの永野 将司左腕を即戦力の中継ぎ候補として獲得するのではないかと予想しています。

巨人の今秋ドラフトのポイントは、左腕・守護神・未来のスラッガーがキーワードとなってきそうだ。

巨人・ドラフト注目選手ピックアップ

田中 燿飛 21才

高校通算18本塁打 今季成績 打率422 15本 39打点

7月の巨人との練習試合で2本の本塁打を含む4安打6打点、この試合で一気に他球団、メジャーからも注目された選手。

折下光輝 内野手 3年

176cm,80kg MAX140キロ 遠投108m 50m6.2 高校通算35本

巨人の新人テストに合格した内野手。獲得選手次第では7位辺りの指名の可能性も。

知野 直人(新潟アルビレックスBC)

独立リーグでプレーする知野18才(ちの)選手は、サードを守る俊足強打の身体能力が高いスピード感あふれる大型内野手。7月に新潟と契約したルーキーだが、現在は3割超えに4本塁打と打撃の期待が高い。巨人はポスト村田に備え、下位指名や育成契約での獲得の可能性も。また、昨日行われたプロ2軍戦では、スタンリッジ投手からヒットを放つなど潜在能力が高い選手だ。

推野 新(国士舘大)

越後のダルビッシュ2世、身長194cm MAX145キロの長身右腕。

カーブ・スライダー・フォーク・ツーシーム・チェンジアップの多彩な変化球と球威のあるストレートが特徴。巨人との練習試合では和田恋から三振を奪うなど、巨人の秘密兵器となるかもしれない。(阪神・DeNA・中日などの複数団球団もマークしている)

清宮幸太郎内野手(18)

高校通算最多の111号。プロ入りを表明すれば巨人の1位候補は間違いないか。

田嶋 大樹投手(20)

身長182cm体重77キロの社会人No1左腕の評価が高い最速152キロの左腕。左腕不足の巨人のドラフト1位指名リスト13名に入っているであろう田嶋の1位指名はあるか?

草場 亮太投手(4年)

183cm75キロの最速152キロ右腕、巨人は草場を高く評価しており現段階ではあるがドラフト外れ1位候補、2位で残っていれば獲得の可能性が高いと予想する。

近藤弘樹投手(24才)

179cm78キロの最速151キロ右腕の近藤の評価も高く、展開次第、また抽選順次第では、二順目に残っていれば必ず獲得したい選手だ。

鍬原 拓也投手(21)

175cm78キロの最速152キロ右腕、シンカーが武器でほぼ投球回=奪三振と高い奪三振能力も武器だがコントロールが課題か。コントロールの改善が見られなければ3位以下の獲得候補か。

増田 珠外野手(18)

鹿取GMのU-15日本代表監督時代の教え子である増田は鹿取GMの評価は高く、公式戦で1年前後三振がないという選球眼が特徴でパワーも特大級、外れ1位で消えてしまう可能性も。

しかし、U-18では木製の対応に苦しめられており、三振も多く各球団の評価は2位、3位辺りの評価に変わったかもしれない。

※2017年ドラフト候補選手一覧記事がTOPページ下部にあります。

※最新情報が入り次第、随時更新していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする