サンドラの2017中日ドラフト指名予想!ドラゴンズ高校生5名を獲得

サンデードラゴンズの2017ドラフト会議予想が出ました。これまでの社会人中心のドラフトから方向転換し、今年の中日のドラフトは高校生中心。一時期のドラゴンズは暗黒期ともいわれていましたが、徐々に若手の台等も目立ちチームの世代交代が進み始めてきています。

そこで、今年は高校生中心のドラフト予想だと思いますが、中日のオーナーも今年のドラフトは高校生中心の将来のスラッガーやエースの育成を考えている発言をしています。

確実にサンドラが予想した選手が獲得できるかは分かりませんが、若干入れ替わりがあっても高校生中心の3年5年先を見据えたドラフト戦略と言う意味を感じる予想だと思います。

スポンサーリンク

サンデーードラゴンズのドラフト予想

今年のドラゴンズのドラフトは6~7名ほどの獲得になりそうですが、外野手に目を付けると、2位と5位で西川愛也と伊藤康祐。

伊藤康祐は中日が獲得に名乗りを上げており5位で獲得出来るかは他球団も評価が高く微妙なラインだ。また、2位で西川愛也の予想は、3位では取れないと判断し2位で予想したと思われますが、この西川愛也選手も評価が高く広島など他球団の評価は高く、ウエーバー順的に3位での中日の指名は最後の方になるため獲得出来るかは微妙なライン。

しかし、中日が2位で獲得出来る候補に、石川翔選手がいる。はっきい言って、この石川翔投手はプロの評価は高く素材はマー君二世といわれるほどのドラ1レベルだ。

仮に、1位で中村に行くなら尚更2位はこのドラ1レベルの将来のエース候補の石川が2位で獲れるなら石川を推したい。1位は鈴木博だとしても2位は石川で守護神とエースの獲得を押したい。

3位で西川を狙いつつ獲得出来なければ島田に乗り換えるなど、個人的にはそちらのドラフト予想を私はしていますが、3位の左腕・宮台投手。この3位での指名選手が中日のみならず各球団のポイントになってきそうだが、4位で山本拓実投手は実に良いチョイスだ。

誰が当たるかは分からないが、他球団が3位で狙ってくる可能性も高く4位で獲れるかは微妙なラインの投手だが、4位で獲れるなら狙う価値は高い投手、軟式で140キロ後半を連発する山本が公式だと150キロを超える可能性は秘めており、化ける期待度は高い選手だ。

6位の岡林飛翔もMAX151キロのプロ注目の大型右腕、6位で取れればラッキーだがちょっと無理かなと感じますが、5位で獲得出来ればラッキーな投手だ。

高校生の素材型、2位で石川翔が獲得出来、下位で山本や岡林が獲得出来れば将来のエース候補のドラフト、1位で中村か鈴木が獲得出来、3位で島田か西川が獲得出来れば120点満点のドラフトになりそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする