DeNAが新外国人 ネフタリ・ソトを獲得!メジャー成績と年俸は

横浜DeNAベイスターズは現在日本シリーズのまっ最中だが、来季の補強に向けての新外国人の獲得はどうなっているのだろうか?という矢先に長浦で動きがあった。

そこには、ネフタリ・ソト内野手らしき姿が目撃されていますが、DeNAベイスターズの入団テストを受けているのだろうか?

現段階では球団からの新外国人補強についての発表はありませんが、そして新外国人候補が入団テストを受けているという発表もありませんのでネフタリ選手本人とは断言出来ませんが、画像を見る限りではそっくりだ。

しかしあくまでも仮定として、憶測として考えてみたいが、もしもネフタリ・ソト選手が入団テストを受けているとすればネフタリ・ソト選手とは一体どんな選手なのだろうか?

追記:推定年俸、1年契約3500万円で契約合意

スポンサーリンク

ネフタリ・ソトDeNA入団テスト

レッズ傘下、ネフタリ・ソト内野手兼外野手(サード・ファースト)28才、185cm,95kg、右投げ右打ち

17年の3A成績は、68試合に出場し、打率293、14本塁打、38打点

2Aを含めると打率311、23本塁打を放っているようだ。

また、11年のAAでは32本塁打を放っている長距離砲、12年は14本塁打、13年14年のメジャー成績は、13年12打数0安打、14年30打数3安打と調子を落としていたが、17年に入り復調してきた。

ネフタリ・ソトの成績と評価は

11年は引っ張り専門で32本塁打したがフォームの影響からか手首などを故障し、翌年の12年は本塁打は14本と減少したが広角に打ち分ける打撃スタイルに。

守備は平均で走力は早い方ではないようだが、ここで1つ気になる問題ですが、守備は主にファースト、サードも守れ外野も守るようだが守備を考えるとファーストでサードも守れる。

しかしロペスや宮崎選手がいることからロペス選手や宮崎選手の危機管理、もしも怪我をした時の保険としての獲得が濃厚だろうか。

そして、サードやファーストを守れるという点が村田選手と被る。村田選手の獲得は世代交代の妨げになるということから高田GMは獲得には動かないと言われていますが、この守備が被る選手を入団テストしているとすれば、サードやファーストの補強は外国人で、そしてロペスの故障などや宮崎の不調に備えての危機管理は外国人で補強するというスタンスが垣間見れますが、どうやらこのままだと代打要員でも良いというスタンスの村田は、ベイスターズに戻りたいと言っているという噂の村田の獲得は、本当に代打枠としてでの獲得もないのかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする